【健康コラム】深夜に食べると太るワケ

よく、深夜に食べると太りやすい、寝る直前に食べると太りやすいといわれます。ダイエットをしたことがあれば、実体験したことがある人もいるでしょう。夜遅い食事はなぜ太りやすいのでしょうか?

夜遅い食事は体脂肪になりやすい

私たちは普段食事をしてから歩く、立つ、家事をするなど、何かしらの活動をして摂取したエネルギーも消費されます。

ただ、夜遅くに食事をしてすぐに就寝すると、摂取したエネルギーをほぼ消費しないままになってしまいます。そして体脂肪として身体に蓄積されやすくなるのです。

このため、「就寝2時間前には食事を済ませる」ことがよいとされています。

また、消化の悪い脂質の多いものを多く摂取するとより体脂肪になりやすく、太る原因にもなります。

十分に消化されないまま寝ると、翌朝に胃がもたれ朝食を抜くこともあるでしょう。その代わりに昼食や夕食をがっつり食べると、栄養バランスが偏り、悪循環のサイクルに陥りやすくもなってしまいます。

ガマンするよりは18~20時頃に軽く食べる方がよい

就寝直前の食事は身体に負担ですが、残業が多く早く帰れない、早い時間に晩ご飯を食べられないときはどうすればよいのでしょうか。

可能であれば18~20時頃、あまり遅くならないうちに軽くおにぎりやサンドウィッチを食べておくのがおススメです。そして帰宅後は消化のよいもの、野菜中心の食事にしてみましょう。

食事を分けると、夜遅くにがっつりと食べるよりもずっと消化によく、また、空腹の時間を短くすることで、ドカ食いを防ぐこともできます。

遅い時間には消化のよいものを食べよう

早めに軽く食べる場合、遅い時間に食べる食事はできる限り脂質が少なく、消化のよいものを選ぶようにしましょう。たとえば野菜をたっぷり入れたスープ、フルーツ、ヨーグルトなどもおすすめです。

執筆者プロフィール

IMG_5693
朴沢広子(ほうざわひろこ)
栄養士、慶應義塾大学院健康マネジメント研究科スポーツマネジメント専修博士課程在籍、慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員。同大学健康マネジメント研究科修士課程修了後、女子栄養大学にて栄養士を取得。現在、中小企業の勤労者の健康状態、健康行動について研究している。忙しい毎日の中で実践できる、より楽しく、健康的な食事の提案に努めている。