お知らせ

「エアコン買い替え」で補助2万円分以上って本当?(東洋経済オンラインで記事執筆)

全国的に厳しい暑さが続き、冷房が欠かせない季節になりました。しかし先月に政府の補助金が終了した影響で、6月使用分(7月請求分)の電気料金は値上げされます。

https://toyokeizai.net/articles/-/765018

東洋経済オンラインにて、記事が掲載されました。自治体によるエアコン買い替え時の補助金について解説しています。

記事はこちら
「エアコン買い替え」で補助2万円分以上って本当?

20代~30代におすすめの生命保険は?保険料の平均額や選び方を解説(保険ジャンバラヤで記事執筆)

20代や30代では、生命保険料の平均額はいくらで、加入している保険金額の相場はどれくらいでしょうか。そもそも20代や30代で生命保険に入るべきか、生命保険はどのように選ぶといいのか、おすすめの考え方や必要性についても考えてみましょう。

https://www.lifenet-seimei.co.jp/media/insurance-about/20-30-life-insurance-osusume/

ライフネット生命の運営するメディアサイト「保険ジャンバラヤ」にて、解説記事が掲載されました。20代から30代の生命保険加入について解説しています。

記事はこちら
20代~30代におすすめの生命保険は?保険料の平均額や選び方を解説

【国立大の学費問題】東大生の親の4割が該当の「年収1000万円」は“裕福”と言えるのか(デイリー新潮で取材協力)

東京大学の授業料値上げについての報道が過熱する中、同大は今月10日「値上げの検討はしているが、決定はしていない」旨の声明を発表した。
値上げ論争の一因ともされているのが東大生の親の高年収だ。彼らの親の4割が該当するという「年収1000万円」という数字について、どう考えるべきなのか。

https://www.dailyshincho.jp/article/2024/06170609/

デイリー新潮にて、取材協力をしました。「世帯年収1000万円―「勝ち組」家庭の残酷な真実―」より、年収1000万円世帯の生活状況などについてコメントしています。

記事はこちら
【国立大の学費問題】東大生の親の4割が該当の「年収1000万円」は“裕福”と言えるのか

がんになっても生命保険に入れる?がん経験者の生命保険の選び方と注意点を解説(保険比較ライフィで記事監修)

生命保険は一般的に持病があると入りにくい傾向があります。では、がんを経験した人やがんになって治療中のときには、生命保険に入れるのでしょうか?
がん治療中の人やがん経験者が新たに保険に加入するときの注意点や、がん経験者でも申し込める保険について解説します。

https://lify.jp/life/death/jibyo/article-59555/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、監修記事が掲載されました。がんの治療中でも申し込める生命保険について解説しています。

記事はこちら
がんになっても生命保険に入れる?がん経験者の生命保険の選び方と注意点を解説

トレンドは「保険適用外」の自由診療も保障! 激変中の「がん保険」をファイナンシャル・プランナーが解説(週刊フラッシュ2024年6月11日号で取材協力)

「ひと昔前のがん保険は、おもに『診断時』『入院費』の2つに対して給付金が支払われていましたが、近年は、これに『治療費』が加わりました。医療の進化に対応して、保険も変化しています」

https://smart-flash.jp/lifemoney/288658

週刊フラッシュにて、取材協力をしました。がん保険の保障内容と選び方についてコメントしています。

記事はこちら
トレンドは「保険適用外」の自由診療も保障! 激変中の「がん保険」をファイナンシャル・プランナーが解説

「1人4万円の定額減税」いつ、いくら減税される?(東洋経済オンラインで記事執筆)

定額減税が6月分の給与から開始されます。1人あたり年間4万円の減税を受けられますが、所得税と住民税で減税方法が異なり、また働き方などによって減税を受けられるタイミングが違うなど、しくみは複雑です。そのため恩恵を実感しにくいとの声もあるようです。いつ、いくら減税されるのかをまとめてみましょう。

https://toyokeizai.net/articles/-/758025

東洋経済オンラインにて、記事が掲載されました。6月から開始された定額減税について解説しています。

記事はこちら
「1人4万円の定額減税」いつ、いくら減税される?

山口県、岡山県で自転車保険が義務化へ 2024年10月から(保険比較ライフィで記事執筆)

自転車事故を起こして相手にケガをさせるなどで賠償責任を負ったときに備えられる保険について、山口県と岡山県で条例が制定されました。
条例が施行される10月から、両県では自転車保険の加入が義務化されます。自転車保険の加入義務化はすでに全国の都道府県で条例制定が進んでおり、さらに広がる見込みです。
自転車に乗るときに加入すべき自転車保険の内容と合わせて、FPが解説します。

https://lify.jp/column/insurance-news/article-74078/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。自転車保険の加入義務化と補償内容について解説しています。

記事はこちら
山口県、岡山県で自転車保険が義務化へ 2024年10月から

【FPが解説】ペット保険は必要?治療費に備えるペット貯金と合わせて解説 (保険比較ライフィで記事執筆)

ペットの医療費に備えるペット保険は、動物病院での費用の負担を抑えられる保険ですが、ペットを飼う際には必要なのでしょうか?
「ペット貯金(犬貯金・猫貯金)」で医療費に備える方法とどちらいいのでしょうか。
ペット保険のメリットやデメリット、必要性と合わせて解説します。

https://lify.jp/non-life/pet/p-pet/article-75153/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。ペットの治療費について解説しています。

記事はこちら
【FPが解説】ペット保険は必要?治療費に備えるペット貯金と合わせて解説 

パートタイマーなどへの雇用保険 週10時間以上で適用へ 雇用保険法改正(保険比較ライフィで記事執筆)

パートやアルバイトなどで働く人の雇用保険について、2028年10月にも加入要件が拡大される見通しになりました。
現在は週あたりの労働時間20時間以上とされている要件が、週10時間以上となります。制度改正により、約500万人の人が加入対象になるとみられています。

https://lify.jp/column/insurance-news/article-74759/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。雇用保険の適用拡大について解説しています。

記事はこちら
パートタイマーなどへの雇用保険 週10時間以上で適用へ 雇用保険法改正

ペット保険とは?補償内容やしくみをわかりやすく解説(保険比較ライフィで記事執筆)

ペット保険は、犬や猫などのペットがケガや病気で動物病院にかかるときの費用を補償する保険です。
補償内容や入れる動物、加入できる年齢や保険料など、基本的なしくみを解説します。

https://lify.jp/non-life/pet/p-pet/article-25759/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。ペット保険について解説しています。

記事はこちら
ペット保険とは?補償内容やしくみをわかりやすく解説

70歳・80歳以上の国内旅行保険 高齢者が入れる旅行保険を案内(保険比較ライフィで記事監修)

高齢の方が旅行に行くときには、旅行先での思わぬケガが心配なことがあるでしょう。
旅先でケガをして入院をしたり、家族が迎えに行ったりするとお金もかかります。でも、70歳や80歳から旅行保険には加入できるのでしょうか。
国内旅行保険の年齢制限や高齢で加入できる旅行保険について解説します。

https://lify.jp/non-life/travel-golf/d-travel/article-62921/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、監修記事が掲載されました。70歳・80歳以上の国内旅行保険加入について解説しています。

記事はこちら
70歳・80歳以上の国内旅行保険 高齢者が入れる旅行保険を案内

ねんきん定期便(年金定期便)とは?将来の年金受取額の見方をFPが解説(保険比較ライフィで記事執筆)

公的年金に加入している人には、毎年誕生月に「ねんきん定期便」が届きます。
年金の加入状況や将来受け取る年金額に関わる情報が記載されていますが、どのように読み取ればよいのでしょうか?
「ねんきん定期便」の見方を、サンプルを使って解説します。

https://lify.jp/insurance/public/pension-public/article-4553/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。ねんきん定期便について解説しています。

記事はこちら
ねんきん定期便(年金定期便)とは?将来の年金受取額の見方をFPが解説

年金受給開始手続きの電子申請が開始 窓口手続きや書類提出が不要に

写真:PhotoAC

2024年6月3日より、年金受給開始手続きの電子申請が開始しました。老齢年金が受給できる年齢になった人のうち条件を満たした人が、スマートフォンなどから手続きを行うことができます。窓口での手続きや書類の郵送提出が不要になります。

(さらに…)