新着の取材・執筆実績お知らせ


熱中症に医療保険は役立つか? (シェアーズカフェオンラインで記事執筆)

観測史上最高気温となる41.1度を埼玉県で観測するなど、記録的な猛暑が続く今年の夏は、熱中症の被害も多発しています。消防庁によると、7月30日から8月5日の1週間だけで約1.4万人、前年同月比約3倍もの人が熱中症で搬送されました。熱中症で倒れるリスクは、決して他人ごとではありません。

『カード払いでつい使いすぎる理由』シェアーズカフェオンライン|記事執筆

先日、コンビニエンスストアの支払いは主に現金で行う人が37.9%であると報じられました。これは電子マネーやクレジットカードよりも多く、現金払いが一位です。
「利用金額が把握しづらい」「無駄遣いを防ぐため」といった優位性を挙げる現金派に対して、キャッシュレス決済の方が便利だと主張する人も多数います。
電子マネーやクレジットカードは非常に便利な反面、使い過ぎを防ぐ観点では現金に強みがあります。キャッシュレスだとつい見過ごしがちな「お金を使った実感」を、現金払いでは得られやすいからです。
そこで、カード払い・キャッシュレス決済で使いすぎる理由と、使いすぎない方法を考えてみたいと思います。

http://sharescafe.net/52062695-20170913.html

専門知識を生かした記事を提供するウェブメディアシェアーズカフェオンライン2017年10月02日にて、便利なキャッシュレスの支払いを活用方法について解説しています。

記事の内容

先月マイナビニュースにて、コンビニでの支払いで現金払いをメインにする人が37.9%と最も多いという調査結果が発表されました。また、現金をメインで使う理由として、「利用金額が把握しづらい」「無駄遣いを防ぐため」を挙げる現金派に対して、インターネット上では批判的な意見も目立ちました。(出典:コンビニの支払い、4割が現金派 – 電子マネーやクレカを使わない理由は? マイナビニュース2017/08/18)

「年金世代のしあわせ家計簿2018年版」永岡書店が発売されました

永岡書店より、「年金世代のしあわせ家計簿2018年版」が発売されました。収入と支出を管理するのはもちろん、予算管理、交際費や医療費、健康にかかわる支出の管理をできる特設ページも設けております。エンディングノート機能もつき、幅広いお金の管理に活用いただけます。

転職して収入が大幅ダウン。生活が厳しいときは、生命保険や医療保険を見直したほうがいい?(ファイナンシャルフィールドで記事執筆)

暮らしとお金を考えるメディア ファイナンシャルフィールドにて記事が掲載されました。「転職して収入が大幅ダウン。生活が厳しいときは、生命保険や医療保険を見直したほうがいい?」。転職時の保険の見直しについて解説しています。

確定拠出年金がわかる!制度変更はここを見逃すな(日経ウーマンオンラインで連載記事執筆)

日経ウーマンオンラインの連載「お金が増える!使い方講座」にて「確定拠出年金がわかる!制度変更はここを見逃すな」が掲載されました。2017年から原則としてすべての人が加入できるようになった個人型確定拠出年金について、初めての方でもわかりやすく解説しています。

結婚式代350万は誰が払う?結婚前に知るべきお金の知識(日経ウーマンオンライン)

日経ウーマンオンラインの連載「お金が増える!使い方講座」の第12回が掲載されました。今回は「結婚式代350万は誰が払う?結婚前に知るべきお金の知識」について。結婚するときこそお金のことはきちんと話し合っておくことが大切です。人には聞けないお金の事情やトラブルについて解説しています。

9月から年金保険料アップ 給与明細のどこを見るべき?(日経ウーマンオンライン)

日経ウーマンオンラインの連載「お金が増える!使い方講座」第8回が掲載されました。今回は「9月から年金保険料アップ 給与明細のどこを見るべき?」。今月から天引きされる保険料がアップします!ということで、この機会に給与明細の見方もチェックしておきましょう。

『小林麻央さんのがんに考える、がん保険の意味』シェアーズカフェオンライン|記事執筆

先日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが、進行性の乳がんを患っていることがわかりました。記者会見では彼女の病状についての質問が相次ぎ、日本人の「がん」への関心の高さをうかがわせました。近年では生稲晃子さん、北斗晶さんも乳がんにかかるなど、芸能人のがんがメディアで大きく取り上げられるにつけ、がんは他人事ではないと感じる人も多いのではないでしょうか。
ファイナンシャルプランナーとして相談を受けているときも、会社の同僚や親戚ががんになったことをきっかけにがんを心配し始める人に出会います。特に女性では、小林麻央さんのように比較的若年のうちに女性特有のがんが発症する人もいることから、20~30代でもがん保険にしっかり入りたいという人もいます。
しかし、統計データを見ると、実は世間で騒がれるイメージほど、女性特有のがんのリスクは高くありません。そこで、女性のがんのリスクとがん保険の意味を考えてみたいと思います。

http://sharescafe.net/48865833-20160617.html

専門知識を生かした記事を提供するウェブメディアシェアーズカフェオンライン2016年06月17日にて、がんとがん保険の解説記事を更新しました。女性のがんのリスクとがん保険の意味について解説しています。

記事の内容

先日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが、進行性の乳がんを患っていることがわかりました。記者会見では彼女の病状についての質問が相次ぎ、日本人の「がん」への関心の高さをうかがわせました。

近年では生稲晃子さん、北斗晶さんも乳がんにかかるなど、芸能人のがんがメディアで大きく取り上げられるにつけ、がんは他人事ではないと感じる人も多いのではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナーとして相談を受けているときも、会社の同僚や親戚ががんになったことをきっかけにがんを心配し始める人に出会います。特に女性では、小林麻央さんのように比較的若年のうちに女性特有のがんが発症する人もいることから、20~30代でもがん保険にしっかり入りたいという人もいます。

しかし、統計データを見ると、実は世間で騒がれるイメージほど、女性特有のがんのリスクは高くありません。そこで、女性のがんのリスクとがん保険の意味を考えてみたいと思います。

30代でがんにかかる確率は1%

がん がん保険 ウェブメディア クレジットカード コロナウイルス パート ペット保険 マイナンバー ライフィ リクルート 不動産 中古マンション 予防医療 住宅ローン 保険 保険チャンネル 保険全般 健康増進 健康経営 医療保険 医療費 受験 女性 子ども 子育て 家計 家計簿 年金 所得税 扶養 投資 教育費 新型コロナ 未病 火災保険 生命保険 確定申告 福利厚生 税金 節約 老後 見直し 記事執筆 貯蓄 貯金