医療保険」タグアーカイブ

新型コロナ 神奈川県での自主療養で生命保険の請求が可能に みなし陽性での給付ルールと合わせて解説(保険比較ライフィで記事執筆)

重症化リスクの低い人が抗原検査や無料検査で新型コロナの陽性が判明したときに、医療機関を受診せずに自主的に療養できることとした神奈川県で、3月から、自主療養を入院とみなして生命保険金を請求できる証明書の発行が始まりました。

みなし陽性や自宅療養と合わせて、新型コロナの感染にともなって生命保険を請求できるケースをFPが解説します。

https://lify.jp/column/insurance-news/article-54763/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。神奈川県での新型コロナ自主療養について解説しています。

記事はこちら
新型コロナ 神奈川県での自主療養で生命保険の請求が可能に みなし陽性での給付ルールと合わせて解説

『どう違う?がん保険の検討前に知っておくべき医療保険との違い5つ』保険比較ライフィ|記事執筆

病気に備える保険を検討しているとき、医療保険に契約するか、がん保険に契約するかで迷うことがあるかもしれません。
特に既に医療保険に加入している方の中には、「医療保険で入院や手術の保障はあるはずなのに、がん保険にも入った方がいいの?」という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。
そこで、医療保険とがん保険の違いについて知っておきましょう。

https://lify.jp/life/cancer/article-1968/

保険比較ライフィにて、がん保険の解説記事を2016年3月24日に執筆しました。がんのみに特化して保障するがん保険ですが、一般的な医療保険と異なるしくみ、注意すべきポイントについて解説しています。

記事の見出し

がん保険は「がん」のみに備える保険
がんのみに特化して保障するのががん保険です。がんが原因で入院や手術をしたときや、所定のがん治療を受けたときなどに給付金を受け取れます。

がん保険と医療保険の違い5つ
がんにかかったときの医療費や入通院でかかる費用に対応しやすいように、がん保険は、一般的な医療保険と異なるしくみになっている点があります。おもに次の5つです。
1.がん特有の治療に備えられる
2.入院給付金の日数制限がない
3.免責期間がある
4.告知内容は「がん」に関するものにしぼられる
5.保障を同条件にすると保険料が低め

医療保険とがん保険のおもな違い

がん保険医療保険
対象の病気がんのみ病気・ケガ
保障内容入院・手術が中心 診断、通院、先進医療など
保障を付加できる特約がある
入院・手術が中心 診断、通院、先進医療など
保障を付加できる特約がある
入院日数制限なしあり
免責期間ありなし
告知項目現在・過去のがんの病歴、がんに関わってくる病歴現在の健康状態、過去の病歴、職業など
保険料同条件なら医療保険より低め同条件ならがん保険より高め

https://lify.jp/life/cancer/article-1968/

医療保険は病気・ケガ全般に、がん保険はがんのみに備えて検討を
医療保険は幅広い病気やケガに備えたい人などに向いている一方、がん保険は、すでに医療保険に契約していて、がんにかかったときの備えを手厚くしたい人や、がんでまとまったお金がかかるときだけに備えたい人などに向いているのではないでしょうか。

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
どう違う?がん保険の検討前に知っておくべき医療保険との違い5つ

『FPが解説:がん保険の選び方、ポイントを押さえて賢く選択』保険比較ライフィ|記事執筆

がん保険は、がんの保障に特化した保険です。入院・通院・手術など、がんの治療にかかる費用をカバーします。
しかし、各社さまざまな商品を提供しているなかで、どう選べば良いか分からないと迷うことがあるのではないでしょうか。そこで、がん保険の選び方を解説します。

https://lify.jp/life/cancer/select-2755/

保険比較ライフィにて、がん保険の解説記事を2016年4月14日に執筆しました。入院よりも通院が主流になってきた近年のがん治療、状況に則した実用的ながん保険選びのチェックポイントについて解説しています。

記事の見出し

がん治療の状況
 がん治療での入院は短くなりつつある

がん保険選びで注目したいおもなポイント
1.終身か定期か
2.入院・通院・診断…給付金の受取り基準
3.診断給付金など一時金を受取れる基準
4.給付金は定額払タイプか実損払タイプか

さらにチェックしたいこだわりポイント
1.先進医療特約は必要?
2.上皮内がんへの保障はある?
3.支払い条件は?免責期間と診断給付金

がんになったらいつ、どんなときに給付金を受け取りたいかによって検討を

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
FPが解説:がん保険の選び方、ポイントを押さえて賢く選択

『がん保険は必要?がん保険でできる備えと必要性についてまとめて解説』保険比較ライフィ|記事執筆

1981年にトップになって以来、長きにわたって日本人の死因第1位である「がん」※1。病気への備えを準備するときには、特にがんが気になることがあるかもしれません。その対策として、がん保険を検討することもあるでしょう。
でも、さまざまな病気の中で特別に「がん」だけに備える必要はあるのでしょうか?がんのリスクやがん保険の特徴について知っておきましょう。

https://lify.jp/life/cancer/article-28541/

保険比較ライフィにて、がん保険の解説記事を2019年12月26日に執筆しました。がんのみに特化して保障するがん保険が日本で初めて登場した1974年以来、普及が進んでいますが、保険を活用できない場合などの注意したい特徴について解説しています。

記事の見出し

がん保険は人気?日本でがん保険が普及した理由
 がん罹患率とがんへの関心の高まり

がん保険で医療保険にはない備えができる
 がん特有の治療に備えられる
 入院日数が無制限
 がん治療以外の費用に備えられる

がん保険に入っても十分に活用できないケースは?
 免責期間があることがほとんど
 がんの再発で受け取れる給付には条件がある
 がん以外の病気には対応できない

特にがん治療に備えたいかどうかがポイント

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
がん保険は必要?がん保険でできる備えと必要性についてまとめて解説

『がん検診とは?がん検診の目的や種類、受け方を解説』保険比較ライフィ|記事執筆

がん検診は、所定の年齢になると、お住いの自治体からクーポン券が送られてきます。そのクーポンを利用すれば、自治体との提携医療機関で、がん検診を受けることができます。
しかし、年に一度は健康診断を受けているからがん検診は必要ない、と考えている方もいるかもしれません。また、受け方がわからず迷っているうちにクーポン券の有効期限が切れていた、という方もいるでしょう。
では、がん検診にはどんな効果があるのか、また、どんな種類があり、どうやって受けられるのか、詳しく見ていきましょう。

https://lify.jp/life/cancer/article-33098/

保険比較ライフィにて、がん検診の解説記事を2020年4月22日に執筆しました。がん検診の種類や対象者、くらしの中でがん検診を活用するメリットについて解説しています。

記事の見出し

「検診」と「健診」どう違う?
 検診は特定の病気を早期発見するための検査
 健診は全身の健康状態を確認するための検査

がん検診にはどんな種類がある?
 がんのリスクや心配事に合わせて受ける

がん検診、実際どれくらい受けている?
 年々上昇しているがん検診の受診率
 生涯でがんにかかる確率は?

定期的ながん検診の受診で早期発見と治療を

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
がん検診とは?がん検診の目的や種類、受け方を解説

『がん保険とは?保障の内容と受け取り方をわかりやすく解説』保険比較ライフィ|記事執筆

がん保険とは、おもにがんにかかった際の治療費に備える保険です。がんで入院したときや通院したときのほか、がんと診断された時点で給付金を受け取れるものもあります。
がんに備える保険には、「がん保険」と、死亡保険や医療保険にオプションとしてがんへの保障を付帯する「がん特約」の2種類があります。いずれも、おもにがんで入院や手術をしたときや、治療をしたときなどに給付金を受け取れます。

https://lify.jp/life/cancer/about-24068/

保険比較ライフィにて、がん保険の解説記事を2019年6月28日に執筆しました。がん保険には、「がん保険」、「がん特約」の2種類がありますが、給付金を受け取れるケースについて解説しています。

記事の見出し

がん保険の基本保障は入院・手術・通院
 入院したとき
 手術を受けたとき
 通院したとき

がん治療で役立つさまざまな給付金
 がんの診断で受け取れる給付金
 治療の種類に応じて受け取れる給付金
 がん治療による経済的負担を軽減できる給付金

がん保険の受け取り方はいろいろ
 日数に応じた給付金額を受け取るタイプ
 まとまった一時金を受け取るタイプ
 治療にかかった実費を受け取るタイプ

がん保険で、自分に合ったがんの備えを

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
がん保険とは?保障の内容と受け取り方をわかりやすく解説

オミクロン拡大で販売急増、コロナ保険はどれほど“使える”か?(SAKISIRUで記事執筆)

コロナに感染したときに給付される「コロナ保険」が好調です。ネットから手軽に加入できる商品の登場もあり、第6波に入った今年は特に契約件数が急増しています。ただ、コロナ保険にはあまり知られていない盲点もあります。コロナ保険は“使える”のか、ファイナンシャルプランナーの視点から検証します。

https://sakisiru.jp/20906

ニュースサイト「SAKISIRU」にて、記事が掲載されました。新型コロナウイルス感染症に特化した「コロナ保険」について解説しています。

記事はこちら
オミクロン拡大で販売急増、コロナ保険はどれほど“使える”か?

【FPが解説】新型コロナに備えて生命保険は必要?対応できる保険と活用法(保険比較ライフィで記事執筆)

新型コロナウイルス感染症が拡大している時期には、感染したときへの不安が高まりますが、新型コロナに備えて保険に入っておいた方がよいのでしょうか?

新型コロナに対応した保険の必要性と考え方を、FPが解説します。

https://lify.jp/life/medical/article-54239/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。新型コロナウイルス感染症に特化した保険について解説しています。

記事はこちら
【FPが解説】新型コロナに備えて生命保険は必要?対応できる保険と活用法

来年子どもが独立予定。保険の見直しを検討中です。(保険比較ライフィで記事執筆)

生命保険加入者の声を掲載!みんなが入っている生命保険は?女性(53才・シングルマザー)に、実際に入っている6つの生命保険の内容や保険料、選んだ理由を聞きました。今の自分に必要な保険?の疑問にFPと保険プランナーが答えます。

https://lify.jp/life-select/your-insurance/article-53443/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、監修記事が掲載されました。50代女性相談者が加入している生命保険について、FP加藤からのアドバイスをコメントしています。

記事はこちら
来年子どもが独立予定。保険の見直しを検討中です。

【加藤梨里のお金と健康】熱中症の医療費、保険はきく?生命保険はおりる?(ライフラプラスONLINEで記事執筆)

ニュースサイト「ライフラプラスONLINE」にて、記事が掲載されました。熱中症の治療を受けた場合の医療費について解説しています。

記事はこちら
【加藤梨里のお金と健康】熱中症の医療費、保険はきく?生命保険はおりる?

AIにより最短30分で保険金受け取り 業界初の医療保険を損保ジャパンが発売

入院や手術で治療費がかかった際に、手続きから最短30分で給付を受けられる医療保険が登場しました。損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)が2021年6月に発売した医療保険「スマホでピタッと充実保険 入院パスポート」(以下、入院パスポート)で、スマートフォンからの手続きで保険金請求をできるものです。

同商品には入院前に保険金を受け取れる「入院準備保険金特約」も基本補償に含まれ、いずれも業界初のしくみということです。

(さらに…)

保険に入っていると税金が安くなる 生命保険料控除ってなに?【今さら聞けない!保険の基本 #5】(bizbleで記事執筆)

朝日新聞社のサイト「bizble」にて、記事が掲載されました。生命保険料控除の控除額や対象について解説しています。

記事はこちら
保険に入っていると税金が安くなる 生命保険料控除ってなに?【今さら聞けない!保険の基本 #5】

『生命保険、がん保険、医療保険は何が違う?【今さら聞けない!保険の基本 #1】』bizble(朝日新聞社)|記事執筆(連載)

大きな病気「がん」。身近な人や芸能人でがんにかかった人の話を聞くと、他人事とは思えないかもしれません。国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』によると、日本人の2人に1人は、その生涯で一度はがんにかかるというデータもあります。
さまざまな病気がある中で、がんに絞って備えるのが「がん保険」です。

https://bizble.asahi.com/articles/2021032600029.html

朝日新聞社が運営する、あなたのための「経済」を届けるメディア「bizble」にて、記事が掲載されました。「がん保険」や「医療保険」など、さまざまな種類の保険の特徴について解説しています。

主な見出し

そもそも「保険」ってなに?
「まさか」のアクシデントにそなえるのが「保険」です。事前に契約をして保険料を定期的に支払っておくことで、いざというときには保険金・給付金というお金を受け取り、思わぬ出費をカバーできるものです。保険には、「人」の身体にかかわるアクシデントに対応する「生命保険」と、「モノ」にかかわるアクシデントに対応する「損害保険」の2つの種類に分けられます。また、生命保険、損害保険それぞれで「どんなアクシデントに対応するか?」によって、さまざまな商品があります。

生命保険にはおもに3種類ある
「人」にかかわる生命保険は、おもに3つに分けられます。
1つめが、万が一亡くなったときに備える死亡保障
2つめが、病気やけがをしたときに備える医療保障
3つめが、お金が必要なときに備える貯蓄型の保険
です。

生きているあいだの病気やケガに備えるのが「医療保障」
死亡保障が文字通り「死亡したとき」に保険金を受け取るのに対して、生きているあいだに受け取るのが2つめの「医療保障」と、3つめの「貯蓄型」の保険です。「医療保障」は、病気やけがをしたときに、その治療費や入院・手術の費用をカバーするものです。死亡保障とセットで契約するときには「医療特約」、単品で契約するときには「医療保険」と呼ばれます。医療保障で受け取るお金のことが、一般的に「給付金」と呼ばれます。

がんに特化した備えをする「がん保険」
医療保障の中でも、とくに「がん」への備えに特化したものが「がん保険」です。入通院の給付金や、病気と診断されたときに受け取れる給付金のいずれもが、がんが原因であることが要件になります。また、がんで亡くなったときに保険金がおりるものもあります。がん保険は単品で契約するほか、死亡保障の保険や医療保険にセットで契約する「がん特約」という形も。

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
生命保険、がん保険、医療保険は何が違う?【今さら聞けない!保険の基本 #1】

『【医療保険の種類】保険を選ぶ前に知りたい公的・民間制度の基本』保険チャンネル(リクルート)|記事執筆

病気やケガに対応できる医療保険には、公的なものと民間のものがあり、それぞれ種類があります。公的制度で受けられる保障の上乗せとして、民間の医療保険の加入を検討すると合理的です。医療保険の種類や公的保険と民間保険の違いについて解説します。

https://hokench.com/article/medical/557/

リクルートの保険比較サイト「保険チャンネル」にて、医療保険の解説記事を2020年7月27日に執筆しました。病気やケガに対応できる医療保険には公的保険と民間保険がありますが、種類や違いについて解説しています。

主な見出し

公的医療保険と民間の医療保険の違い
医療保険には大きく分けて、国の公的な制度と、民間の保険会社が販売する保険の2つの種類があります。まずはそれぞれの違いや特徴を知っておきましょう。まずは公的な制度で受けられる補助を確認して、それだけでは足りない部分や、さらに充実させたい部分を補えるように検討すると合理的です。
 ・公的医療保険はすべての国民が加入、民間の医療保険は任意で加入
 ・公的医療保険制度の保障内容
 ・公的医療保険制度には「傷病手当金」「出産手当金」がある
 ・公的医療保険制度の種類

民間の医療保険の種類
民間の保険会社が取り扱っている医療保険は、公的な制度にはない保障を備えています。
各社がさまざまな商品を販売していますが、病気やケガをしたときに給付金を受け取れるのが基本になっています。これを基本として、医療保険にはおもに以下の種類があります。
 ・医療保険
 ・女性保険
 ・持病がある人向けの医療保険
 ・健康還付型医療保険
 ・健康増進型医療保険

医療保険の保障・特約の種類
同じ医療保険のなかでも「どんなときに給付を受け取れるか?」には多様な種類があります。医療保険の保障や特約(オプション)の種類も知っておきましょう。一般的な医療保険には、次の内容が含まれています。これらの組み合わせを選んで契約します。
 ・入院給付金
 ・通院給付金
 ・手術給付金
 ・がん、三大疾病給付金
 ・女性疾病給付金
 ・死亡給付金
 ・先進医療給付金

医療保険の期間の種類
保険を契約してからいつまで保障されるかを「保障期間」「保険期間」といいます。医療保険の保障期間には、「定期」と「終身」の2種類があります。

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
【医療保険の種類】保険を選ぶ前に知りたい公的・民間制度の基本

女性特約をつける前に知っておきたい、メリットと注意点をFPが解説(保険比較ライフィで記事執筆)

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、記事が掲載されました。女性疾病に保障を上乗せする女性特約のメリットとデメリットについて解説しています。

記事はこちら
女性特約をつける前に知っておきたい、メリットと注意点をFPが解説