『がんの自由診療とは?治療の種類と費用、がん保険の活用法をまとめて解説』保険比較ライフィ|記事執筆

医療技術の進歩によって、がんの治療方法や技術は年々新しいものが登場しています。しかし、新しい治療法の中には公的医療保険が適用されない「自由診療」となるものもあり、それを選択すると治療費の全額が自己負担になってしまいます。
では、自由診療を選ぶとどれくらいのお金がかかるのでしょうか。またその出費に備えるにはどのような保険があるのでしょうか。

https://lify.jp/life/cancer/article-27384/

保険比較ライフィにて、がん保険の解説記事を2019年9月30日に執筆しました。がん治療で浸透する自由診療や先進医療、その違いや、がん保険で給付金を受け取れる場合について解説しています。

記事の見出し

がん治療には保険診療と自由診療がある
 保険診療
 自由診療

がんの自由診療の種類と費用
 抗がん剤治療
 重粒子線治療・陽子線治療
 免疫療法
 乳房再建術

自由診療と先進医療は必ずしも同じではない
 違いは保険診療と併用できるかどうか

がん保険の給付金、自由診療でどう使える?
 先進医療特約の対象は先進医療のみ
 自由診療の費用もおりるがん保険

がん保険の活用で、治療の選択肢を広げることも

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
がんの自由診療とは?治療の種類と費用、がん保険の活用法をまとめて解説