『乳がん検診の検査内容と費用 セルフチェックと合わせて詳しく解説』保険比較ライフィ|記事執筆

がん検診は、所定の年齢になると、お住いの自治体からクーポンが送られてきます。検診の種類には、多くの女性にとって心配な乳がん検診もあり、40歳以上などの検診対象の女性には、2年に1度など定期的に乳がん検診のクーポンが郵送されてきます。
しかし、検診に意味があるのかわからず、わざわざ時間を取っていく気にならないという人もいるかもしれません。また、検診を受けてみたいけれど、どんなことをするのか、痛みはどれくらいあるのか、恥ずかしいのではないか、お金や時間がどれくらいかかるのかわからない、と不安な人もいるでしょう。
では、乳がん検診にはどんな効果や方法があるのか、どうやって受けられるのか、詳しく見ていきましょう。

https://lify.jp/life/cancer/article-25102/

保険比較ライフィにて、乳がんの解説記事を2019年7月30日に執筆しました。2年に1度など受け取る自治体などの乳がん検診の通知ですが、定期的な検診の内容やセルフチェックの重要性について解説しています。

記事の見出し

「検診」と「健診」の違いとは?
 検診は特定の病気を早期発見するための検査
 健診は全身の健康状態を確認するための検査

女性が乳がんにかかるリスクはどれくらい?
 女性が罹患するがんの1位は乳がん

乳がん検診の受け方と検査方法
 乳がん検診の対象
 乳がん検診の受け方と費用

乳がん検診ではどんな検査をする?
1.マンモグラフィ検診
2.超音波(エコー)検診
3.視触診検診

乳がんのセルフチェックで早期発見を
 月に一度は行いたい!セルフチェックの方法
 異常を感じたら乳腺科や乳腺外科で受診を

乳がんの対策には定期的な検診とセルフチェックを

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
乳がん検診の検査内容と費用 セルフチェックと合わせて詳しく解説