消費税10%は先送りへ 安倍首相が方針を固めました

安倍晋三首相は、来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げを先送りする方針を固めたことがわかりました。消費税はすでに今年4月に5%から8%へ引き上げられていますが、増税後は景気回復に時間がかかっています。来年、さらに増税をすればより景気が落ち込むおそれがあるため、見送られる方向が強くなりました。

消費税10%は来ないわけじゃない

今回、増税が見送られたのは、今後もずっと8%のままでいく、というワケではありません。消費税はいずれまた上がる予定です。今のところ具体的な日程は決まっていませんが、有力なのは1年半先送りして2017年4月とする案です。

しかし、再増税の見送りを巡って、年内にも衆議院は解散、総選挙が行われることになりそうです。このため、政府内では次の増税時期については明らかに決めず、先送りすることだけを表明して総選挙に臨むべきとの意見もあります。

私たちのお財布を左右する消費税は、選挙での1票で左右されることになりそうです。

  <安倍首相>消費税10%先送り方針 17年4月軸に調整
 安倍晋三首相は来年10月に予定される消費税率10%への引き上げを先送りする方針を固めた。今年4月に行った8%への引き上げ後の景気回復の足取りが重く、再増税すれば「デフレからの脱却」を掲げたアベノミクスが根幹から揺るぎかねないと判断した。新たな引き上げ時期は、1年半先送りして2017年4月とする案が有力だ。ただ、政府内には次の増税時期を明示せず、「先送り」のみを表明して衆院解散・総選挙に臨むべきだとの案が浮上しており、政府・与党で調整が本格化している。
(2014年11月13日 毎日新聞)

photo credit: Alan Cleaver via photopin cc