『犬の熱中症は5月から対策を!かかりやすい犬種や年齢、治療にかかる費用をまとめて解説』保険比較ライフィ|記事執筆

毎年夏場になると、熱中症の心配が出てきます。ワンちゃんと外へお散歩に出かけるときは、わが子の熱中症も注意したいものです。
そこで、犬の熱中症対策について知っておきましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/article-27139/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。夏場になると心配される犬の熱中症対策について解説しています。

記事のポイント

犬の熱中症は5月から8月に要注意

犬も、人間と同じように高温の環境下で熱中症にかかることがあります。

熱中症にかかりやすい犬種
犬種別に熱中症の発生割合をまとめたデータによると、大型犬と短頭種のワンちゃんたちで、熱中症が多い傾向にあります。

熱中症にかかりやすい犬の年齢
年齢に応じた注意も必要です。熱中症の発生割合は、若い犬よりも高齢犬で高い傾向があるようです。

犬の熱中症治療にかかる費用

犬の熱中症を予防・早期発見するためのポイント

では、わが子を熱中症から守ってあげるにはどんなことに気をつければよいのでしょうか。熱中症を防ぎ、早期発見するために知っておきたい体調管理方法について挙げてみましょう。

熱中症の症状を知る
ワンちゃんたちは身体に不調が現れても、言葉では飼い主さんに伝えることができません。早めにわが子の異変に早めに気づいてあげるために、犬の熱中症の症状について知っておきましょう。

適度な休憩とこまめな水分補給をする
熱中症予防に休憩や水分補給が大切。たとえばお散歩中には30分ごとに休憩をとってあげる、水をすぐに飲ませてあげられるように準備しておくなどもよさそうです。

記事はこちら
犬の熱中症は5月から対策を!かかりやすい犬種や年齢、治療にかかる費用をまとめて解説