『愛犬が他人を噛んでケガをさせた時も対象になる!個人賠償責任保険を解説』保険比較ライフィ|記事執筆

犬を飼っていると、わが子の性格やしつけの状況によってはほかの人に激しく吠えてしまう、とびかかってしまう、場合によっては噛んでしまう心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。
決してあってほしくはないことではありますが、万が一わが子がほかの人をケガさせてしまったら、飼い主はどのように責任を取らなければならないのでしょうか。
わが子が起こすかもしれない思わぬトラブルの対処法について知っておきましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/article-25608/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。犬が起こした咬傷(噛んだ)事件と個人賠償責任特約について解説しています。

記事の見出し

意外と多い!飼い犬が他人に噛みつく事件

 一番多いのは散歩の外出時

 飼い犬が人を噛んでしまったら保健所へ届け出を

飼い犬が人にケガをさせた時の飼い主の責任は?

 刑法上の傷害罪に問われる

 民法上の賠償責任も負うことに

飼い犬が人にケガをさせたときに使える保険

 個人賠償責任保険の加入方法

 個人賠償責任保険の補償額を確認

 個人賠償責任保険には示談交渉サービスがついている保険もある

万が一に備えて、日頃からのしつけや対策とともに保険の確認を

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
愛犬が他人を噛んでケガをさせた時も対象になる!個人賠償責任保険を解説