『がん治療と仕事を両立するには 活用したい制度と窓口、収入減に備える保険も紹介』保険比較ライフィ|記事執筆

仕事をして家計を支えている人にとって、病気になったときのダメージは治療費だけではありません。仕事を休むことで収入が下がる心配もあるでしょう。
では、もし自分ががんにかかったら、今の仕事はどうなるのでしょうか?安心して治療を受け続けるために、なにより自分や家族の生活のために、がんを治療しながら仕事を続けたいと考える人が多いでしょう。
しかし、副作用が生じたり、長期間にわたることも多いがんの治療を受けながら、これまでどおりに仕事を続けることは本当にできるのでしょうか?

https://lify.jp/life/cancer/article-5324/

保険比較ライフィにて、がん治療の解説記事を2016年8月29日に執筆しました。近年、がんによる入院日数が短くなり、がんの通院治療と仕事の両立が課題となっていますが、企業や自治体の取り組み、がん相談支援センター・がんの相談窓口といった相談先などについて解説しています。

記事の見出し

がんの通院治療と仕事の両立
 治療と仕事の両立のポイントは職場の環境づくり

がん闘病を支える企業や自治体の取り組み
 企業での休暇制度
 国や自治体の両立支援制度

転職・再就職には専門の相談員に相談を
 長期療養者就職支援事業
 がん相談支援センター・がんの相談窓口

がん闘病による収入減をカバーできる民間保険
 医療保険・がん保険
 就業不能保険

がんの治療と仕事の両立は不可能ではない

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
がん治療と仕事を両立するには 活用したい制度と窓口、収入減に備える保険も紹介