『がん保険選びはここに注目 抑えておきたい給付金と保険期間の違いをFPが解説』保険比較ライフィ|記事執筆

がん保険といえば、がんにかかったときにおりる保険ということは誰もがイメージできるのではないでしょうか。でも一口にがん保険といっても、各保険会社からは多様な種類のがん保険が販売されています。
がん保険には、おもに(1)給付金額の単位、(2)給付金の決定方法、(3)保険期間の3つにおいて、それぞれに複数の種類があります。
そこで、がん保険の種類について知っておきましょう。

https://lify.jp/life/cancer/article-28471/

保険比較ライフィにて、がん保険の解説記事を2019年11月12日に執筆しました。多様な種類が登場しているがん保険ですが、(1)給付金額の単位、(2)給付金の決定方法、(3)保険期間の3つの切り口で考える方法について解説しています。

記事の見出し

1.給付を受けるのはどんなとき?給付金額の単位
 入院日数ベースの「日額タイプ」
 診断や治療ベースの「一時金タイプ」

2.給付金額はどう決まる?給付金の決定方法
 決められた定額の「定額タイプ」
 実際の治療費用の「実費タイプ」

3.いつまで保障を確保する?保険期間
 保障が一生涯続く「終身タイプ」
 保障が一定期間の「定期タイプ」

がん保険の種類はさまざま ニーズに合わせて検討を

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
がん保険は3つに分けて考える。がん保険の種類を専門家が解説