『ペット保険の加入前に知っておきたい4つの注意点を解説』保険比較ライフィ|記事執筆

ワンちゃんやネコちゃんなど大切なペットが病気やケガをしたとき、動物病院でかかった医療費の負担を軽減してくれるペット保険。私たち人間のように公的な保険証がないワンちゃんやネコちゃんたちの体調管理をしてあげるうえで便利なものですが、保険を利用できる条件やしくみは人間向けの保険と異なる部分があります。
そこで、いざというときに保険を使えなかった!とならないように、ペット保険で注意したいポイントを知っておきましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/article-29510/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。ペット保険を利用できる条件やしくみについて4つの注意点にわけて、解説しています。

記事のポイント

1. 補償が始まるタイミング

保険会社所定の審査期間を経て保険の「始期」を迎えると補償が始まります。申込手続きをした後であっても、保険会社にて補償が開始されていないタイミングでワンちゃんやネコちゃんが病気やケガをしても、保険はおりません。

さらに、保険の始期から一定期間は保険金がおりない「待機期間」を設けているものがあります。待機期間中に発症した病気は保険の対象外です。

2. 補償されない病気や治療がある

ペット保険には、補償されない病気や治療があります。おもに、病気やケガに該当しないもの、予防にかかわるもの、先天性の異常にかかわるときです。

これら、保険の対象外になる内容については、各ペット保険会社が公表していることが多いので、契約前に確認しておくとよいのではないでしょうか。

3. 保険がおりる回数・金額に限度

入院・通院・手術をしたときにペット保険から保険金を受け取れる回数や金額は、保険会社により上限が設けられていることがあります。同じ病気で何度も通院や手術をしたり、治療が長期間にわたったりすると、かかる費用のすべてをペット保険でカバーできないことがあるかもしれません。

4. 病気にかかるとペット保険の加入に制限がある

ペット保険は健康なワンちゃんネコちゃんが加入するのが原則です。希望のペット保険を広い選択肢から選ぶなら、できるだけ健康なうちに検討しておくのがよいのではないでしょうか。

ですので、初めてペット保険を選ぶときには、その後ずっと続けるかを考慮して選ぶと安心です。わが子が歳を重ねたときにも補償の内容が十分か、更新後の保険料がいくらになるかなども踏まえて検討するとよいですね。

記事はこちら
ペット保険の加入前に知っておきたい4つの注意点を解説