『ペット保険とは?補償内容や種類をFPがわかりやすく解説』保険比較ライフィ|記事執筆

ペット保険とは、大切なペットがケガや病気で動物病院にかかるときの費用を補償する保険です。では、どんな種類があり、どのようなしくみになっているのでしょうか。
いざわが子が病気やケガをしたときの備えについて考えてみましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/about-25759/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。ペット保険の補償内容や種類について解説しています。

記事のポイント

ペット保険の補償内容とは?

ペット保険は大切なペットが万が一、ケガや病気で動物病院にかかったときに、治療費を補償する保険。補償される治療費は、おもに通院・入院・手術の3つ。支払い金額や回数には上限も。

ペット保険のタイプは2つ

通院・入院・手術を補償するフルカバーのものと、通院の補償がなく入院・手術のみに特化したもの、2つのタイプ。

ペット保険には犬猫以外も入れる?

ペット保険に加入できるのは、犬や猫が一般的です。インターネットで入れるペット保険の中には、鳥・うさぎ・フェレットが加入できるものも。ペットショップなどの店頭で加入するペット保険には、もっと幅広い対象も。鳥、うさぎ、フェレット、ハリネズミ、モモンガ、リス、プレーリードッグ、ハムスター、デグー、チンチラ、ネズミ、モルモット、トカゲ、カメレオン、イグアナ、カメなど。

ペット保険に入れるのは何歳から何歳まで?

一般的には生後30日や60日などから。一部には年齢の下限のないペット保険も犬や猫の場合には、高齢期の7~9歳が上限。なかには12歳11か月のワンちゃんネコちゃんまで加入できるペット保険も

ペット保険の保険料はどうやって決まる?

まずは動物の種類別で設定される。また、同じ動物の中では年齢、補償範囲や補償額の上限など。加えて、犬の場合には小型犬・中型犬・大型犬の区分や、犬種別による区分も。一般的には、年齢が高いほど、補償範囲が広いほど、また補償額の上限が高い、免責金額がないなどの場合、保険料が高い傾向。

記事はこちら
ペット保険とは?補償内容や種類をFPがわかりやすく解説