『猫におすすめのペット保険とは?選ぶポイントと注意点をまとめて解説』保険比較ライフィ|記事執筆

わが子としてネコちゃんを迎え入れたら、いざというときに備えてペット保険に入っておきたい。でも、わが子に合うものはどれ?ペット保険は複数の保険会社からさまざまなものが販売されていますので、そんなお悩みを感じることがあるのではないでしょうか。
そこで、ネコちゃんのペット保険を選ぶポイントをご紹介します。

https://lify.jp/non-life/pet/article-27471/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。猫のペット保険の選ぶポイントと注意点について解説しています。

記事のポイント

ペット保険選びのポイント5つ
多くのペット保険では犬でも猫でも補償される内容は同じです。まずはペット保険を選ぶときの基本の5つのポイントを確認してみましょう。
1.補償範囲
2.補償の割合
3.免責(自己負担)の有無
4.支払いの限度の有無
5.窓口精算の有無

猫のペット保険選びで注意したいポイント4つ
愛猫のためにペット保険を選ぶ際には、猫特有のリスクにも注目しておくとよいでしょう。

1.通院頻度に合わせてフルカバー型の検討を
一般的に、ネコは犬に比べて通院する回数が少ないようです。おもに入院や手術など、重大な病気やケガをしたときに備えてペット保険を検討してもよいかもしれません。

2.通院が多いときは窓口精算が便利
ちょっとした不調でも早めに動物病院に連れていってあげると、通院する回数は多くなりがちな場合も。そんなときには、窓口精算ができるタイプのペット保険が便利でしょう。

3.猫がなりやすい病気のリスクを踏まえて検討を
一般的に、ネコちゃんは腎臓病、膀胱炎や胃腸炎が多く、消化器系の病気のリスクが高い傾向があるようです。またこれらの病気のリスクは高齢になるにつれて高くなるともいわれています。

品種によりかかりやすい病気を知っておくとさらに安心

ネコちゃんの猫種によっても病気の傾向があるようです。ペット保険会社のウェブサイトでは、ネコちゃんの種類ごとにかかりやすい病気やケガの情報を配信しています。ネコちゃんのリスクや特徴に合わせてペット保険を選びたいですね。

記事はこちら
猫におすすめのペット保険とは?選ぶポイントと注意点をまとめて解説