『猫に多い腎不全(慢性腎臓病)に備える、ペット保険の活用法をFPが解説』保険比較ライフィ|記事執筆

ネコちゃんが高齢になるにつれて、心配になってくるのが腎臓病ではないでしょうか。加齢により、人間と同様に猫にもさまざまな病気のリスクが高まるなか腎臓病は特に注意してあげたい病気です。
そこで、ネコちゃんの腎臓病のかかりやすさや治療費、ペット保険を活用してできる予防や早期発見についてご紹介します。

https://lify.jp/non-life/pet/article-29546/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。猫に多い腎不全(慢性腎臓病)に備えるペット保険の活用法について解説しています。

記事のポイント

猫の腎臓病のかかりやすさと治療費用の平均

猫がかかりやすい病気である腎臓病。ペット保険に加入している猫のなかでも保険金請求が最も多い病気のひとつです。慢性腎臓病にかかると完全に治癒するのは難しく、大きな手術をしたり長期間の入院をしたりするよりは、通院中心で治療をすることが多いようです。

慢性腎臓病に備えるペット保険の3つのポイント

治療が長期にわたると治療費の負担が重くなる恐れがありますから、ペット保険で定期的・継続的な通院に対応できると安心ではないでしょうか。保険選びでは、通院で受け取れる日数の上限や、年間に給付を受けられる回数や金額の限度など3つに注目。

1.通院で受け取れる日額の上限
通院をしたときに保険金を受け取れるタイプのペット保険では、1回の通院で受け取れる日額の上限をチェックしてみましょう。ペット保険の中には、1回あたりの上限額を設けていないものも。

2.年間に受け取れる限度額・回数
1年間で受け取る保険金額の総額や通院の回数に上限を設けているペット保険もあります。また、年間の通院回数には制限を設けずに、金額の上限を設定しているペット保険もあります。

3.更新時の条件
原則として一度契約するとわが子が生きている限り更新して続けることができます。ただし、一部の保険には、契約中の保険金を利用した回数が多いときや、そのときの病状などによっては更新ができない、あるいは保険料が割り増しされるなど更新後の契約に条件が付くことがあります。

腎臓病の持病があるとペット保険に入れる?

もし、これまでに腎臓病にかかったことがあると、ペット保険に新規で加入することはできるのでしょうか?申込時には告知をして、病歴の有無や持病がある場合には治療の状況を保険会社に伝えます。保険会社の審査の結果、加入できることもありますが、健康状態などによっては加入ができないことがあります。

ペット保険で活用できる、慢性腎臓病の予防・早期発見につながるサービス

一部のペット保険では、24時間獣医師に電話できる健康相談サービスがついています。また、ワンちゃんやネコちゃんの腸内細菌(腸内フローラ)の状態から、病気のリスクを判定するサービスを提供している保険会社もあります。

記事はこちら
猫に多い腎不全(慢性腎臓病)に備える、ペット保険の活用法をFPが解説