『女性が知っておきたい「がん保険」のこと』とらばーゆ(リクルート)|取材記事

「2人に1人はがんにかかる」といわれる時代。女性の場合は「乳がん」や「子宮がん」といった女性特有のがんへの不安も大きく、20代を過ぎた頃から将来のリスクに備えて「がん保険」を考える方も多いようです。
そこで、マネーステップオフィス株式会社代表でファイナンシャルプランナーの加藤梨里さんに、「がん保険」の必要性から保険を選ぶポイントまで、お話をうかがいました。

https://toranet.jp/contents/money/insurance/21617/

アルバイト情報サイト「とらばーゆコラム」にて、独身女性に向けて、がん保険の考え方について解説しています。

主な見出し

女性ががんにかかるリスクはどれくらい?
「がん保険」について考える際、まず知っておきたいのが女性のがんの罹患率(生涯でがんにかかる確率)。女性のがん罹患数のうち、一番多いのが「乳がん」で、続いて「大腸がん」「肺がん」「胃がん」、そして「子宮がん」。
一概に「多くの人ががんにかかっているから怖い」と考えるのではなく、こうした状況を客観的に捉えた上で、がん保険を検討を。

がん保険を検討するタイミングは?
ライフスタイルが変化するときは、お金や健康管理のしかたについて、改めて目を向けるいい機会。入る、入らないにかかわらず、保険を検討しやすいタイミング。
とくに「実家を出て独り暮らしをする」「会社員からフリーランスになる」などの場合、これまで家族や会社から受けていた援助・公的支援が減ることが考えられます。

加入には保障内容を見極めて

がん保険にはさまざまなタイプのものがありますが、基本的な保障としては、がんと診断されたときに一時金として支払われる「診断給付金」や、がん治療のために入院した場合に支払われる「入院給付金」がメイン。
自身や家庭の経済状況、またライフプランなどによって、がん保険に求める安心は人それぞれ。自分は何が心配で、何を保障でカバーしたいのかを整理して、保険のタイプを選ぶとよいでしょう。
将来の病気のリスクに対し、どうやってバックアップのための仕組みを作っていくのか、そのツールのひとつが保険だと考えてください。

記事はこちら→
「女性が知っておきたい「がん保険」のこと」