『がん保険 今さら聞けない!保険の基本 #2』朝日新聞START!(朝日新聞社)|記事執筆(連載)

大きな病気「がん」。身近な人や芸能人でがんにかかった人の話を聞くと、他人事とは思えないかもしれません。国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』によると、日本人の2人に1人は、その生涯で一度はがんにかかるというデータもあります。
さまざまな病気がある中で、がんに絞って備えるのが「がん保険」です。

https://www.asahi.com/ads/start/articles/00040/

朝日新聞社メディアビジネス局が運営する金融メディア、基礎から学ぶ、マネー&ライフ「START!」にて、記事を執筆しました。がん保険の保障内容としくみについて解説しています。

主な見出し

がん保険は「がん」に関連したリスクをカバーする
がん保険は、がんを原因とした入院や手術、さらにがん特有の治療をしたときに給付金を受け取る医療保険です。
標準的ながん保険は、がんで入院したときに、入院日数に応じて給付金を受け取れる「がん入院給付金」が基本。通院の都度、また手術をしたときに受け取る給付金や、がん診断一時金も、一般的です。

幅広いがんのリスクをカバーするものも
「がん」の部位や重症度によって、治療法もかかる治療費も、さらには生活に与える影響も、大きく異なります。このため、より幅広いリスクに対応するオプションを用意しているがん保険もあります。
たとえば、抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン剤治療をしたときには1カ月ごとに、また乳房などの再建術を受けたときには、その回数に応じて給付金を受け取れる特約も。こうした治療はすべてのがんに対して行われるわけではありませんが、こうした治療での自己負担を軽減できるようになっています。

がん保険の基本的なしくみ
がん保険は他の生命保険と同じように、契約期間が終身タイプのものと定期タイプのものがあります。定期タイプは、一定の契約期間だけ保障され、その期間が終わると保障もなくなります。保障を引き続き確保するには、更新をするか新しい保険に契約し直す必要があります。
このように、がん保険には、さまざまなタイプで幅広いリスクをカバーする商品があります。検討する際は、ご自身にとって心配なリスクに対応できる商品やオプションを選ぶとよいですね。

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
「今さら聞けない! がん保険」