『国民年金を払わないとどうなる?払えない時の免除・猶予制度とは』保険チャンネル(リクルート)|記事執筆

国民年金に加入している人は自分で保険料を納付するのが原則ですが、もし払わないとどうなるのでしょうか?払えないときに使える免除制度や納付猶予制度の利用方法、保険料を未納のままにしておくとどうなるか、FPが解説します。

https://hokench.com/article/retirement/430/

リクルートの保険比較サイト「保険チャンネル」にて、国民年金の解説記事を2021年3月11日に執筆しました。国民年金を払わなかった場合どうなるか、払えない時に利用できる制度について解説しています。

この記事の早わかり要約
 国民年金の保険料の時効は2年間
 国民年金の保険料を払わないと、老後の年金額が減ることがある
 保険料を払えないときには免除や猶予の制度がある

主な見出し

公的年金の仕組み。年金には納付義務がある!

国民年金の保険料が未納の場合は催告状が届く

保険料を払わないと、年金が受け取れないリスクも…

国民年金保険料の免除制度とは

国民年金保険料の納付猶予制度ってどんなもの?

年金はいくら払っていくらもらえるの?

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
国民年金を払わないとどうなる?払えない時の免除・猶予制度とは