所得補償保険」タグアーカイブ

『所得補償保険(就業不能保険)と収入保障保険の違いとは?目的に合わせた保険の選び方』保険比較ライフィ|記事執筆

所得補償保険と収入保障保険、似たような名前ですが、実は全く違う保険です。所得補償保険は、会社員や自営業者の方などが病気やケガで仕事ができなくなった場合の収入減を補う保険です。
それに対して収入保障保険は、会社員や自営業者などの方が死亡または高度障害になった場合において、残された家族の生活費用を補う保険といえます。

https://lify.jp/life/disability/article-1917/

保険比較ライフィにて、所得補償保険(就業不能保険)と収入保障保険の解説記事を2016年3月24日に執筆しました。病気やケガで一定期間働けなくなったとき、毎月お給料のように一定額を受取れる所得補償保険(就業不能保険)、被保険者が亡くなった場合において、遺族に対して保険適用期間終了まで毎月もしくは一時金で保険金が支給される収入保障保険、具体的な相談ケースを踏まえながら特徴について解説しています。

記事の見出し

所得補償保険(就業不能保険)とは?
所得補償保険とは、被保険者が病気やケガで入院や通院、自宅療養を行うことで働くことができなくなった場合に、税込み年収の最大60%ほどが補償され、一定期間(通常は1年~5年、最長60歳まで)、毎月一定の金額を受け取ることができる保険になります。

就業不能保険とは?
 働けなくなったときの収入減に備える保険

収入保障保険とは?
残された家族の生活費を保障する、死亡保険のひとつ収入保障保険では、被保険者が亡くなった場合において、遺族に対して保険適用期間終了まで毎月もしくは一時金で保険金が支給されます。掛け捨て型のタイプである場合が多く、そのため保険料は割安になっているのが特長です。

所得補償保険と収入保障保険の違いを比較

所得補償保険収入保障保険
保険金の支払事由被保険者が病気やケガなどで働けなくなった時被保険者が死亡した時
補償/保障割合年収の最大60%ぐらいまでを補償年収に関係なく保障額を設定可能
保険金の支払方式一定期間毎月受け取るタイプがほとんど一時金で受け取るタイプや一定期間毎月受け取るタイプがある
保険期間1年毎の更新が多い10年、20年まど長期間のものが多い
その他保険金の支払いがなかった場合には、保険料の一部が戻ってくる場合が多い解約返戻金のない掛け捨て型のタイプが多く、その代わり保険料が割安となっている

https://lify.jp/life/disability/article-1917/

どんな時に備えたいのか、目的にあわせて選択を

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
所得補償保険(就業不能保険)と収入保障保険の違いとは?目的に合わせた保険の選び方

『保険の内容・仕組みが違う!収入保障保険と所得補償保険の違い3つ』保険比較ライフィ|記事執筆

収入保障保険と所得補償保険、どちらも似たような名前の保険ですが、その内容は全く違います。それぞれの特徴と違いをまとめてみました。

https://lify.jp/life/disability/article-6830/

保険比較ライフィにて、収入保障保険と所得補償保険の解説記事を2017年1月6日に執筆しました。収入保障保険と所得補償保険、「保険金を誰が受け取るか?」、「保険期間を長期間設定できるか?」などしくみがことなっています。3つの大きな違いについて解説しています。

記事の見出し

1.保険金・給付金を受け取る人の違い
最も大きな違いは、保険金を誰が受け取るか?です。
 自分が受け取る所得補償保険
 遺族が受け取る収入保障保険

2.職業や仕事が問われるかの違い
仕事を問われるかどうかも異なります。
 仕事をしている人のみ入れる所得補償保険
 仕事の有無を問わない収入保障保険

3.保険期間の違い
保険期間の長さにも違いがあります。
 1年間の所得補償保険
 長期間の収入保障保険

収入保障保険と所得補償保険の違いのまとめ

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
保険の内容・仕組みが違う!収入保障保険と所得補償保険の違い3つ

『働けなくなったときの保険、就業不能保険と所得補償保険の違いを比較』保険比較ライフィ|記事執筆

会社員や公務員で健康保険に加入していれば、「傷病手当金」という公的な支援制度があります。ただし、傷病手当金を受け取れるのは最長1年6カ月に限られます。また、会社員などの扶養に入っている人は支給の対象外です。さらに国民健康保険にはそもそも傷病手当金の制度がありません。自営業やフリーランス、ご自身で健康保険に加入していないパートの人などは、仕事を休んだらその分収入が減ってしまうわけです。
そこで、公的な制度では足りない収入減を補う方法のひとつが、所得補償保険や就業不能保険です。

https://lify.jp/life/disability/article-7142/

保険比較ライフィにて、所得補償保険と就業不能保険の解説記事を2017年1月20日に執筆しました。生活費をサポートする「所得補償保険」と「就業不能保険」、わかりやすい比較表を用いながら、実はしくみが全く違うこの2つの保険について解説しています。

記事の見出し

働けなくなった場合の収入減を補う!公的な制度に上乗せする保険
 生活費をサポートする「所得補償保険」「就業不能保険」とは?

「所得補償保険」と「就業不能保険」のしくみ
  所得補償保険
 就業不能保険

「所得補償保険」と「就業不能保険」の違い5つ
 1.保険金額の設定方法
 2.保険料の決まり方
 3.保険期間
 4.保険給付金の受け取り方
 5.取扱保険会社

比較条件所得補償保険就業不能保険
保険金額の設定方法契約前12カ月の所得の50~70%が上限契約前の年収に応じた上限額が、 保険会社ごとに設定される
保険料の決まり方年齢、職業、保険金額、保険期間により決まる年齢、性別、給付金額、保険期間により決まる
保険期間1年、5年が一般的55歳~70歳前後のうち5年きざみで設定
保険金の受け取り方受取額:受け取り直前の所得に基づき決定受取期間:働けない限り、かつ最長2年が一般的受取額:契約時に設定した給付金月額受取期間:働けない限り、かつ保険期間中が一般的
保険金の受け取り方損害保険会社生命保険会社

https://lify.jp/life/disability/article-7142/

「所得補償保険」と「就業不能保険」のどちらがよい?

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
働けなくなったときの保険、就業不能保険と所得補償保険の違いを比較