『がん保険とは?保障の内容と受け取り方をわかりやすく解説』保険比較ライフィ|記事執筆

がん保険とは、おもにがんにかかった際の治療費に備える保険です。がんで入院したときや通院したときのほか、がんと診断された時点で給付金を受け取れるものもあります。
がんに備える保険には、「がん保険」と、死亡保険や医療保険にオプションとしてがんへの保障を付帯する「がん特約」の2種類があります。いずれも、おもにがんで入院や手術をしたときや、治療をしたときなどに給付金を受け取れます。

https://lify.jp/life/cancer/about-24068/

保険比較ライフィにて、がん保険の解説記事を2019年6月28日に執筆しました。がん保険には、「がん保険」、「がん特約」の2種類がありますが、給付金を受け取れるケースについて解説しています。

記事の見出し

がん保険の基本保障は入院・手術・通院
 入院したとき
 手術を受けたとき
 通院したとき

がん治療で役立つさまざまな給付金
 がんの診断で受け取れる給付金
 治療の種類に応じて受け取れる給付金
 がん治療による経済的負担を軽減できる給付金

がん保険の受け取り方はいろいろ
 日数に応じた給付金額を受け取るタイプ
 まとまった一時金を受け取るタイプ
 治療にかかった実費を受け取るタイプ

がん保険で、自分に合ったがんの備えを

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
がん保険とは?保障の内容と受け取り方をわかりやすく解説