『がん検診とは?がん検診の目的や種類、受け方を解説』保険比較ライフィ|記事執筆

がん検診は、所定の年齢になると、お住いの自治体からクーポン券が送られてきます。そのクーポンを利用すれば、自治体との提携医療機関で、がん検診を受けることができます。
しかし、年に一度は健康診断を受けているからがん検診は必要ない、と考えている方もいるかもしれません。また、受け方がわからず迷っているうちにクーポン券の有効期限が切れていた、という方もいるでしょう。
では、がん検診にはどんな効果があるのか、また、どんな種類があり、どうやって受けられるのか、詳しく見ていきましょう。

https://lify.jp/life/cancer/article-33098/

保険比較ライフィにて、がん検診の解説記事を2020年4月22日に執筆しました。がん検診の種類や対象者、くらしの中でがん検診を活用するメリットについて解説しています。

記事の見出し

「検診」と「健診」どう違う?
 検診は特定の病気を早期発見するための検査
 健診は全身の健康状態を確認するための検査

がん検診にはどんな種類がある?
 がんのリスクや心配事に合わせて受ける

がん検診、実際どれくらい受けている?
 年々上昇しているがん検診の受診率
 生涯でがんにかかる確率は?

定期的ながん検診の受診で早期発見と治療を

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
がん検診とは?がん検診の目的や種類、受け方を解説