投稿者「マネーステップオフィス編集部」のアーカイブ

マネーステップオフィス編集部 について

お金と健康に関する記事・コンテンツ制作実績1万本以上。ファイナンシャル・プランナー(FP)を中心とした専門家による、家計、ライフプラン、保険など、幅広い生活とお金のコンテンツ制作を行っています。

『治療費の軽減だけじゃない 入っててよかったペット保険の意外なメリット』保険比較ライフィ|記事執筆

愛犬や愛猫が、なんだか調子が悪そうで気になる。けれど、病気じゃないかもしれないし、何より病院に行くとお金がかかる……。そういった理由で、動物病院に行くべきかを迷ってしまうようなことはありませんか。
ペットも家族の一員ですから、ささいなことでも気軽に病院に連れていってあげたいものですよね。そんなときに経済的な負担をサポートしてくれるのがペット保険です。月々の保険料を支払うことで、
動物病院を受診した際に補償が受けられる民間の保険です。動物は人間と違い、健康保険の制度がなく医療費は完全に自己負担となるため、万が一のリスクにそなえて加入しておくと安心です。
では、ペット保険に加入すると具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

https://lify.jp/non-life/pet/article-22341/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。ペット保険が活用できる検査費用や窓口精算のしくみについて解説しています。

記事の見出し

少しの異変でも気軽に動物病院に行ける

 検査費用も保険の対象

 早期発見・早期治療が健康を左右

大きな病気にかかったとき、費用を気にせず治療法を選べる

 ペットの医療費は人間以上になることも

オーナーさんの通院に伴う負担を軽くできる

 窓口精算で受診時の負担を軽減

 窓口精算ができるペット保険

毎日の健康管理と備えでわが子と長く過ごそう

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
治療費の軽減だけじゃない 入っててよかったペット保険の意外なメリット

『ペット(犬猫)の迷子対策まとめ 捜索サポートつきのペット保険も紹介』保険比較ライフィ|記事執筆

わが子は大切な家族の一員。万が一迷子になってしまったらと考えると、とても心配ですよね?
迷子にならないように、また迷子になってしまった時に一日でも早くわが家に戻ってこられるように事前にできることをしておくと安心です。
そこで、ワンちゃんやネコちゃんの迷子対策について知っておきましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/article-25597/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。ペットの迷子のトラブルや捜索サポートつきのペット保険について解説しています。

記事の見出し

自治体に引き取られる犬猫は年間10万頭!

普段の生活でできる対策

 室内飼育で気をつけたいこと

 屋外飼育で気をつけたいこと

 お出かけ時に気をつけたいこと

迷子札やマイクロチップで1日も早くおうちに戻れる工夫を

 自治体で交付される犬鑑札

 タイプが選べる市販の迷子札

 マイクロチップでわが子が帰る確率が高まる

迷子捜索サポートがあるペット保険も

大切なペットの迷子対策は必ず検討を

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
ペット(犬猫)の迷子対策まとめ 捜索サポートつきのペット保険も紹介

『愛犬が他人を噛んでケガをさせた時も対象になる!個人賠償責任保険を解説』保険比較ライフィ|記事執筆

犬を飼っていると、わが子の性格やしつけの状況によってはほかの人に激しく吠えてしまう、とびかかってしまう、場合によっては噛んでしまう心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。
決してあってほしくはないことではありますが、万が一わが子がほかの人をケガさせてしまったら、飼い主はどのように責任を取らなければならないのでしょうか。
わが子が起こすかもしれない思わぬトラブルの対処法について知っておきましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/article-25608/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。犬が起こした咬傷(噛んだ)事件と個人賠償責任特約について解説しています。

記事の見出し

意外と多い!飼い犬が他人に噛みつく事件

 一番多いのは散歩の外出時

 飼い犬が人を噛んでしまったら保健所へ届け出を

飼い犬が人にケガをさせた時の飼い主の責任は?

 刑法上の傷害罪に問われる

 民法上の賠償責任も負うことに

飼い犬が人にケガをさせたときに使える保険

 個人賠償責任保険の加入方法

 個人賠償責任保険の補償額を確認

 個人賠償責任保険には示談交渉サービスがついている保険もある

万が一に備えて、日頃からのしつけや対策とともに保険の確認を

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
愛犬が他人を噛んでケガをさせた時も対象になる!個人賠償責任保険を解説

『ペット(犬・猫)のマイクロチップ義務化とは?開始時期とかかる費用をまとめて解説』保険比較ライフィ|記事執筆

2022年6月に動物愛護法が改正され、犬猫へのマイクロチップ装着が義務付けられます。ペットを飼っている人にはどんな義務が生じるのか、マイクロチップの装着費用や義務の内容、時期について解説します。

https://lify.jp/non-life/pet/article-25645/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。犬猫へのマイクロチップ装着について解説しています。

記事の見出し

マイクロチップとは?

 ペットが迷子になったときの再会に役立つ

マイクロチップの義務化とは?

 ペットの販売業者の義務

 飼い主の義務

 義務化はいつから?

マイクロチップとは?

 装着方法

 装着にかかる費用

 登録にかかる費用

日頃から、わが子が迷子になってしまったときへの備えを

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
ペット(犬・猫)のマイクロチップ義務化とは?開始時期とかかる費用をまとめて解説

『手術・入院に特化したペット保険とは?メリット・デメリットをまとめて解説』保険比較ライフィ|記事執筆

ケガや病気でかかった医療費を補償するペット保険は、わが子の健康を維持してあげるうえで安心につながるツールのひとつですよね。でも、保険料の負担が気になる…。
そんなときに検討できるのが、補償の対象を入院・手術に絞ったペット保険です。通院も含めて補償するペット保険に比べて、保険料が抑えられていることがあります。
そこで、入院・手術に特化したペット保険について知っておきましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/article-25774/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。手術・入院に特化したペット保険について解説しています。

記事の見出し

ペット保険のタイプは大きく2つ

 1.フルカバータイプ

 2.手術・入院に特化したタイプ

手術・入院に特化したペット保険とは?

 フルカバーに比べて手術の補償額が手厚い

ペットの手術費用はどれくらい?

 犬の手術ランキング

 猫の手術ランキング

手術・入院特化タイプのメリット・デメリット

 メリット

 デメリット

保険料を抑えてわが子の手術の補償を手厚くカバー

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
手術・入院に特化したペット保険とは?メリット・デメリットをまとめて解説

『猫の熱中症対策 留守中に注意したい室内の対策と対処法を解説』保険比較ライフィ|記事執筆

毎年、気温が高くなる夏の時期にリスクが高まる熱中症。重篤化すると命にもかかわることがありますが、室内で過ごすことが多いネコちゃんでも要注意であることをご存知ですか?
そこで、ネコちゃんの熱中症対策について知っておきましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/article-27205/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。夏場に多い猫の熱中症とペット保険について解説しています。

記事の見出し

夏のお留守番は注意!猫の熱中症とは

 猫の熱中症の症状

熱中症の応急処置と治療方法

 まずは体温を下げることが大切

 心配な時には迷わず動物病院へ

猫の熱中症を防ぐ対策は?

 室温と湿度を常に注意して

 いつでも飲める場所に水分を

猫の熱中症のリスクを知って、お留守番も安心

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
猫の熱中症対策 留守中に注意したい室内の対策と対処法を解説

『犬の熱中症は5月から対策を!かかりやすい犬種や年齢、治療にかかる費用をまとめて解説』保険比較ライフィ|記事執筆

毎年夏場になると、熱中症の心配が出てきます。ワンちゃんと外へお散歩に出かけるときは、わが子の熱中症も注意したいものです。
そこで、犬の熱中症対策について知っておきましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/article-27139/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。夏場になると心配される犬の熱中症対策について解説しています。

記事のポイント

犬の熱中症は5月から8月に要注意

犬も、人間と同じように高温の環境下で熱中症にかかることがあります。

熱中症にかかりやすい犬種
犬種別に熱中症の発生割合をまとめたデータによると、大型犬と短頭種のワンちゃんたちで、熱中症が多い傾向にあります。

熱中症にかかりやすい犬の年齢
年齢に応じた注意も必要です。熱中症の発生割合は、若い犬よりも高齢犬で高い傾向があるようです。

犬の熱中症治療にかかる費用

犬の熱中症を予防・早期発見するためのポイント

では、わが子を熱中症から守ってあげるにはどんなことに気をつければよいのでしょうか。熱中症を防ぎ、早期発見するために知っておきたい体調管理方法について挙げてみましょう。

熱中症の症状を知る
ワンちゃんたちは身体に不調が現れても、言葉では飼い主さんに伝えることができません。早めにわが子の異変に早めに気づいてあげるために、犬の熱中症の症状について知っておきましょう。

適度な休憩とこまめな水分補給をする
熱中症予防に休憩や水分補給が大切。たとえばお散歩中には30分ごとに休憩をとってあげる、水をすぐに飲ませてあげられるように準備しておくなどもよさそうです。

記事はこちら
犬の熱中症は5月から対策を!かかりやすい犬種や年齢、治療にかかる費用をまとめて解説

『犬や猫を飼うにはどれぐらい費用がかかる?ペットにかかる費用まとめ』保険比較ライフィ|記事執筆

かわいい犬や猫を新しい家族として迎えたい。そんな思いでペットショップに行ったり、人から譲ってもらったりするときは心が躍るのではないでしょうか。
環境省※1の調査によると、ペットを飼うことで「生活に潤いや安らぎが生まれる」、「家庭がなごやかになる」、「子どもたちが心豊かに育つ」などのメリットを感じている人が多いようです。
ですが、新しい家族を迎えたらそれだけお金がかかります。ペットを家族の一員として迎え、最期まで大切に暮らすには、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

https://lify.jp/non-life/pet/article-27426/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。ペットにかかる費用について解説しています。

記事のポイント

ペットを家族の一員として迎え、最期まで大切に暮らすには、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

犬や猫の購入・迎え入れの費用

ペットとの生活費用
 食費
 ペット用品・設備費

健康管理・医療費用
 予防接種やワクチンの費用
 病気・ケガのときの治療費

その他の費用
 美容・お手入れ費用
 服・アクセサリー費用
 しつけ・トレーニング費用
 お留守番費用

人とペットのライフプランを考えることも大切
わが子を最後までお世話してあげられる?自分のライフプランも重要

記事はこちら
犬や猫を飼うにはどれぐらい費用がかかる?ペットにかかる費用まとめ

『猫に多い腎不全(慢性腎臓病)に備える、ペット保険の活用法をFPが解説』保険比較ライフィ|記事執筆

ネコちゃんが高齢になるにつれて、心配になってくるのが腎臓病ではないでしょうか。加齢により、人間と同様に猫にもさまざまな病気のリスクが高まるなか腎臓病は特に注意してあげたい病気です。
そこで、ネコちゃんの腎臓病のかかりやすさや治療費、ペット保険を活用してできる予防や早期発見についてご紹介します。

https://lify.jp/non-life/pet/article-29546/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。猫に多い腎不全(慢性腎臓病)に備えるペット保険の活用法について解説しています。

記事のポイント

猫の腎臓病のかかりやすさと治療費用の平均

猫がかかりやすい病気である腎臓病。ペット保険に加入している猫のなかでも保険金請求が最も多い病気のひとつです。慢性腎臓病にかかると完全に治癒するのは難しく、大きな手術をしたり長期間の入院をしたりするよりは、通院中心で治療をすることが多いようです。

慢性腎臓病に備えるペット保険の3つのポイント

治療が長期にわたると治療費の負担が重くなる恐れがありますから、ペット保険で定期的・継続的な通院に対応できると安心ではないでしょうか。保険選びでは、通院で受け取れる日数の上限や、年間に給付を受けられる回数や金額の限度など3つに注目。

1.通院で受け取れる日額の上限
通院をしたときに保険金を受け取れるタイプのペット保険では、1回の通院で受け取れる日額の上限をチェックしてみましょう。ペット保険の中には、1回あたりの上限額を設けていないものも。

2.年間に受け取れる限度額・回数
1年間で受け取る保険金額の総額や通院の回数に上限を設けているペット保険もあります。また、年間の通院回数には制限を設けずに、金額の上限を設定しているペット保険もあります。

3.更新時の条件
原則として一度契約するとわが子が生きている限り更新して続けることができます。ただし、一部の保険には、契約中の保険金を利用した回数が多いときや、そのときの病状などによっては更新ができない、あるいは保険料が割り増しされるなど更新後の契約に条件が付くことがあります。

腎臓病の持病があるとペット保険に入れる?

もし、これまでに腎臓病にかかったことがあると、ペット保険に新規で加入することはできるのでしょうか?申込時には告知をして、病歴の有無や持病がある場合には治療の状況を保険会社に伝えます。保険会社の審査の結果、加入できることもありますが、健康状態などによっては加入ができないことがあります。

ペット保険で活用できる、慢性腎臓病の予防・早期発見につながるサービス

一部のペット保険では、24時間獣医師に電話できる健康相談サービスがついています。また、ワンちゃんやネコちゃんの腸内細菌(腸内フローラ)の状態から、病気のリスクを判定するサービスを提供している保険会社もあります。

記事はこちら
猫に多い腎不全(慢性腎臓病)に備える、ペット保険の活用法をFPが解説

『猫におすすめのペット保険とは?選ぶポイントと注意点をまとめて解説』保険比較ライフィ|記事執筆

わが子としてネコちゃんを迎え入れたら、いざというときに備えてペット保険に入っておきたい。でも、わが子に合うものはどれ?ペット保険は複数の保険会社からさまざまなものが販売されていますので、そんなお悩みを感じることがあるのではないでしょうか。
そこで、ネコちゃんのペット保険を選ぶポイントをご紹介します。

https://lify.jp/non-life/pet/article-27471/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。猫のペット保険の選ぶポイントと注意点について解説しています。

記事のポイント

ペット保険選びのポイント5つ
多くのペット保険では犬でも猫でも補償される内容は同じです。まずはペット保険を選ぶときの基本の5つのポイントを確認してみましょう。
1.補償範囲
2.補償の割合
3.免責(自己負担)の有無
4.支払いの限度の有無
5.窓口精算の有無

猫のペット保険選びで注意したいポイント4つ
愛猫のためにペット保険を選ぶ際には、猫特有のリスクにも注目しておくとよいでしょう。

1.通院頻度に合わせてフルカバー型の検討を
一般的に、ネコは犬に比べて通院する回数が少ないようです。おもに入院や手術など、重大な病気やケガをしたときに備えてペット保険を検討してもよいかもしれません。

2.通院が多いときは窓口精算が便利
ちょっとした不調でも早めに動物病院に連れていってあげると、通院する回数は多くなりがちな場合も。そんなときには、窓口精算ができるタイプのペット保険が便利でしょう。

3.猫がなりやすい病気のリスクを踏まえて検討を
一般的に、ネコちゃんは腎臓病、膀胱炎や胃腸炎が多く、消化器系の病気のリスクが高い傾向があるようです。またこれらの病気のリスクは高齢になるにつれて高くなるともいわれています。

品種によりかかりやすい病気を知っておくとさらに安心

ネコちゃんの猫種によっても病気の傾向があるようです。ペット保険会社のウェブサイトでは、ネコちゃんの種類ごとにかかりやすい病気やケガの情報を配信しています。ネコちゃんのリスクや特徴に合わせてペット保険を選びたいですね。

記事はこちら
猫におすすめのペット保険とは?選ぶポイントと注意点をまとめて解説

『ペット(犬・猫)と初めて暮らす 飼う前に知っておくべき飼い主の心構えと確認リスト』保険比較ライフィ|記事監修

念願のペットが我が家にやってくると考えただけでわくわくするでしょう。しかし、ペットを我が家に迎える前に、様々な準備と心構えが必要です。

人は子どもが産まれる前に、様々な準備や知識を蓄えてから我が子を迎えます。ペットも同じです。家族の一員としてやってくるわけですから、万全の態勢で迎えたいものです。

https://lify.jp/non-life/pet/article-2165/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。ペット(犬・猫)の飼い主の心構えと確認リストについて解説しています。

記事のポイント

初めてペットを飼う前に知っておきたいこと
 飼い主の義務は法律にも定められている

ペットを飼って困ること3つ
 1.費用がかかる
 2.しつけが大変
 3.旅行がしづらくなる

病気やけがにも要注意
 犬種によりかかりやすい病気に違いも

万全な準備で安心してわが子を迎えよう

記事はこちら
ペット(犬・猫)と初めて暮らす 飼う前に知っておくべき飼い主の心構えと確認リスト

『ペット保険の加入前に知っておきたい4つの注意点を解説』保険比較ライフィ|記事執筆

ワンちゃんやネコちゃんなど大切なペットが病気やケガをしたとき、動物病院でかかった医療費の負担を軽減してくれるペット保険。私たち人間のように公的な保険証がないワンちゃんやネコちゃんたちの体調管理をしてあげるうえで便利なものですが、保険を利用できる条件やしくみは人間向けの保険と異なる部分があります。
そこで、いざというときに保険を使えなかった!とならないように、ペット保険で注意したいポイントを知っておきましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/article-29510/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。ペット保険を利用できる条件やしくみについて4つの注意点にわけて、解説しています。

記事のポイント

1. 補償が始まるタイミング

保険会社所定の審査期間を経て保険の「始期」を迎えると補償が始まります。申込手続きをした後であっても、保険会社にて補償が開始されていないタイミングでワンちゃんやネコちゃんが病気やケガをしても、保険はおりません。

さらに、保険の始期から一定期間は保険金がおりない「待機期間」を設けているものがあります。待機期間中に発症した病気は保険の対象外です。

2. 補償されない病気や治療がある

ペット保険には、補償されない病気や治療があります。おもに、病気やケガに該当しないもの、予防にかかわるもの、先天性の異常にかかわるときです。

これら、保険の対象外になる内容については、各ペット保険会社が公表していることが多いので、契約前に確認しておくとよいのではないでしょうか。

3. 保険がおりる回数・金額に限度

入院・通院・手術をしたときにペット保険から保険金を受け取れる回数や金額は、保険会社により上限が設けられていることがあります。同じ病気で何度も通院や手術をしたり、治療が長期間にわたったりすると、かかる費用のすべてをペット保険でカバーできないことがあるかもしれません。

4. 病気にかかるとペット保険の加入に制限がある

ペット保険は健康なワンちゃんネコちゃんが加入するのが原則です。希望のペット保険を広い選択肢から選ぶなら、できるだけ健康なうちに検討しておくのがよいのではないでしょうか。

ですので、初めてペット保険を選ぶときには、その後ずっと続けるかを考慮して選ぶと安心です。わが子が歳を重ねたときにも補償の内容が十分か、更新後の保険料がいくらになるかなども踏まえて検討するとよいですね。

記事はこちら
ペット保険の加入前に知っておきたい4つの注意点を解説

『ペット保険とは?補償内容や種類をFPがわかりやすく解説』保険比較ライフィ|記事執筆

ペット保険とは、大切なペットがケガや病気で動物病院にかかるときの費用を補償する保険です。では、どんな種類があり、どのようなしくみになっているのでしょうか。
いざわが子が病気やケガをしたときの備えについて考えてみましょう。

https://lify.jp/non-life/pet/about-25759/

保険比較ライフィにて、ペット保険の解説記事を更新しました。ペット保険の補償内容や種類について解説しています。

記事のポイント

ペット保険の補償内容とは?

ペット保険は大切なペットが万が一、ケガや病気で動物病院にかかったときに、治療費を補償する保険。補償される治療費は、おもに通院・入院・手術の3つ。支払い金額や回数には上限も。

ペット保険のタイプは2つ

通院・入院・手術を補償するフルカバーのものと、通院の補償がなく入院・手術のみに特化したもの、2つのタイプ。

ペット保険には犬猫以外も入れる?

ペット保険に加入できるのは、犬や猫が一般的です。インターネットで入れるペット保険の中には、鳥・うさぎ・フェレットが加入できるものも。ペットショップなどの店頭で加入するペット保険には、もっと幅広い対象も。鳥、うさぎ、フェレット、ハリネズミ、モモンガ、リス、プレーリードッグ、ハムスター、デグー、チンチラ、ネズミ、モルモット、トカゲ、カメレオン、イグアナ、カメなど。

ペット保険に入れるのは何歳から何歳まで?

一般的には生後30日や60日などから。一部には年齢の下限のないペット保険も犬や猫の場合には、高齢期の7~9歳が上限。なかには12歳11か月のワンちゃんネコちゃんまで加入できるペット保険も

ペット保険の保険料はどうやって決まる?

まずは動物の種類別で設定される。また、同じ動物の中では年齢、補償範囲や補償額の上限など。加えて、犬の場合には小型犬・中型犬・大型犬の区分や、犬種別による区分も。一般的には、年齢が高いほど、補償範囲が広いほど、また補償額の上限が高い、免責金額がないなどの場合、保険料が高い傾向。

記事はこちら
ペット保険とは?補償内容や種類をFPがわかりやすく解説

FPが解説:確定申告とは?基本から簡単にわかりやすく解説(保険比較ライフィで記事執筆)

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、記事が掲載されました。確定申告の手続き内容と申請が必要な人について解説しています。

記事はこちら
FPが解説:確定申告とは?基本から簡単にわかりやすく解説