扶養」タグアーカイブ

パート年収「130万/106万円の壁」重要な最新事情(東洋経済オンライン)

東洋経済オンラインにて、記事が掲載されました。扶養に関するコロナ関連の特例措置と2022年の改定内容について解説しています。

記事はこちら
パート年収「130万/106万円の壁」重要な最新事情

定年前備えておくべきお金の鉄則18 (週刊女性自身2021年3月9日号(光文社))

光文社「週刊女性自身3月9日号」掲載の記事「定年前備えておくべきお金の鉄則18」を弊社加藤が監修しました。

扶養に入って働く場合の収入や年金への影響について解説しています。

雑誌情報は下記からご覧いただけます。
「週間女性自身3月9日号」

扶養に入るか外れるか?年金・税金と収入のしくみをFPが解説(保険チャンネル)

リクルートのサイト「保険チャンネル」にて、記事が掲載されました。扶養のしくみや税がかからない年収について解説しています。

記事はこちら
扶養に入るか外れるか?年金・税金と収入のしくみをFPが解説

130万円の壁ってなに? 社会保険の扶養のしくみをわかりやすく解説

「103万円の壁」とともによく聞くのが「130万円の壁」です。扶養に入っている人は、年収を103万円までにするか、130万円までにするか迷うのではないでしょうか。

そこで、「年収130万円の壁」のしくみを解説します。

年収103万円の壁についてはこちらをご参照ください。

103万円の壁ってなに? 税金の扶養のしくみをわかりやすく解説


(さらに…)

103万円の壁ってなに? 税金の扶養のしくみをわかりやすく解説

ご主人の扶養に入って働いている方は、年収いくらまで働いてもよいのか、どれくらいシフトを入れてよいのかを気にしているでしょう。ですが「扶養」といったとき、そのしくみは意外と複雑です。

そこで、「扶養」のしくみを解説します。 (さらに…)

パート主婦を悩ませる「106万円の壁」(東洋経済オンライン)

東洋経済オンラインにて、パート主婦を新たに悩ませる「106万円の壁」手取り収入減だけでなく社会保険も考慮せよが掲載されました。2016年10月から始まる「106万円の壁」。パートの方は手取りが減ってしまう?社会保険に加入する意味ってあるの?について解説しています。

「年収103万円まで税金がかからない」ってほんと? 間違いやすい扶養のしくみ

パートやアルバイトをしている人は、年収が扶養の範囲を越えないか気になる人も多いですよね。でもこの「年収」の枠、100万円とも103万円ともいわれます。いったいいくらまでが正しいのでしょうか? 税金の扶養のしくみを解説します。 (さらに…)

主婦が「扶養」で働けない? パートの「年収の壁」に「106万円の壁」が追加されます

年末が近づくと、扶養内でパートをしている人には年収が扶養の枠を超えないか気になってきます。先日も、「残業が今月多くて、このままだと103万円を超えそうなんですが、どれくらい不利になるのでしょうか?」というご相談がありました。 (さらに…)