保険チャンネル」タグアーカイブ

『がん保険は不要? がん保険の必要性をFPが徹底検証!』保険チャンネル(リクルート)|記事執筆

がん保険は必要?不要?がん保険の加入を検討するなら、がんにかかる確率や、すでに入っているほかの医療保険なども考慮したいもの。がんに関する統計データや入院、治療費などのお金、がんのときにおりる保険などから、がん保険の必要性を解説します。

https://hokench.com/article/cancer/556/

リクルートの保険比較サイト「保険チャンネル」にて、がん保険の解説記事を執筆しました。がんに関する統計データや入院、治療費などのお金などからがん保険の必要性について解説しています。

主な見出し

がんにかかる確率
よく「2人に1人ががんになる」といわれますが、がんにかかる罹患率は、一生涯を通して累積でみると50~60%台になるようです。
がんにかかるリスクは、年代によっても異なります。自分がどれくらいがんを意識しておくべきか、がん保険が必要かどうかを検討する際には、まずこうした状況を参考にしてみましょう。

がんにかかるお金(治療費)
がんにかかったときにかかるお金には、大きく分けると、(1)がんの治療にかかるお金と、(2)がんを治療中の生活にかかるお金の2つがあります。
がん治療の医療費は、標準的な検査や診察、手術費用などで、原則として1~3割が自己負担。高額の場合、「高額療養費制度」の対象になります。一方で、公的な保険がきかない先進医療や一部の抗がん剤、差額ベッド代などは自費。そのほか、闘病中の生活にかかるお金もあります。

がん保険の保障・特約の種類
標準的ながん保険は診断給付金、入院給付金、手術給付金、通院給付金などがセットされています。がん保険によってはほかの給付金がセットになっていたり、自分でオプションとして追加でき、おもな保障には、がん入院給付金、がん通院給付金、がん手術給付金、がん診断給付金、死亡給付金、がん治療給付金、術後ケア給付金、緩和ケア給付金、先進医療給付金などに分けられます。
このほかにも、仕事を休んだ、収入が下がった場合のための収入保障、収入サポートなどと呼ばれる保障も。

がん保険は必要?
がん保険が本当に必要かどうか、どんながん保険が必要かは、すでに入っている保険の内容や、日頃の家計や貯蓄のゆとりなどによって結論がわかれます。

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
がん保険は不要? がん保険の必要性をFPが徹底検証!