女性」タグアーカイブ

『女性保険に加入する前に知っておきたい、メリットと注意点をFPが解説』保険比較ライフィ|記事執筆

女性が医療保険やがん保険を検討するときには、一般的な保険と女性向けに特化した保険のいずれも選ぶことができます。しかし、女性専用の医療保険・がん保険を選ぶと、一般的な保険に比べてどんなメリットがあるのか?またデメリットがあるのか?よくわからないと感じる人もいるのではないでしょうか。
そこで、女性専用の医療保険・がん保険のメリットとデメリットを知っておきましょう。

https://lify.jp/life/medical/article-30266/

保険比較ライフィにて、がん保険の解説記事を2019年12月26日に執筆しました。女性が医療保険やがん保険を検討する際、一般向けではなく女性向けに特化した医療保険・がん保険を選ぶメリットについて解説しています。

記事の見出し

女性専用保険は女性特有のリスクを手厚くカバー

女性専用保険のメリット
1.女性特有の病気・トラブルで給付金が上乗せ
2.妊娠・出産時のトラブルにも備えられる
3.がんは部位を問わず保障が手厚い

女性専用保険に加入するときの注意点
1.商品ごとにカバーできる女性疾病が異なる
2.商品ごとに女性専用プランのしくみが異なる

女性特有のリスクへの備えを特に重視するなら女性専用保険が向きそう

※詳細はリンク先の記事をご覧ください。

記事はこちら
女性保険に加入する前に知っておきたい、メリットと注意点をFPが解説

女性保険とは?くわしい保障内容や一般の医療保険との違いをFPが解説(保険比較ライフィで記事執筆)

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、記事が掲載されました。女性保険と一般的な医療保険の違いについて解説しています。

記事はこちら
女性保険とは?くわしい保障内容や一般の医療保険との違いをFPが解説

30代女性におすすめの生命保険の選び方(保険比較ライフィで記事執筆)

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、記事が掲載されました。30代女性のライフステージ別に生命保険の選び方について解説しています。

記事はこちら
30代女性におすすめの生命保険の選び方

『女性が知っておきたい「がん保険」のこと』とらばーゆ(リクルート)|取材記事

「2人に1人はがんにかかる」といわれる時代。女性の場合は「乳がん」や「子宮がん」といった女性特有のがんへの不安も大きく、20代を過ぎた頃から将来のリスクに備えて「がん保険」を考える方も多いようです。
そこで、マネーステップオフィス株式会社代表でファイナンシャルプランナーの加藤梨里さんに、「がん保険」の必要性から保険を選ぶポイントまで、お話をうかがいました。

https://toranet.jp/contents/money/insurance/21617/

アルバイト情報サイト「とらばーゆコラム」にて、独身女性に向けて、がん保険の考え方について解説しています。

主な見出し

女性ががんにかかるリスクはどれくらい?
「がん保険」について考える際、まず知っておきたいのが女性のがんの罹患率(生涯でがんにかかる確率)。女性のがん罹患数のうち、一番多いのが「乳がん」で、続いて「大腸がん」「肺がん」「胃がん」、そして「子宮がん」。
一概に「多くの人ががんにかかっているから怖い」と考えるのではなく、こうした状況を客観的に捉えた上で、がん保険を検討を。

がん保険を検討するタイミングは?
ライフスタイルが変化するときは、お金や健康管理のしかたについて、改めて目を向けるいい機会。入る、入らないにかかわらず、保険を検討しやすいタイミング。
とくに「実家を出て独り暮らしをする」「会社員からフリーランスになる」などの場合、これまで家族や会社から受けていた援助・公的支援が減ることが考えられます。

加入には保障内容を見極めて

がん保険にはさまざまなタイプのものがありますが、基本的な保障としては、がんと診断されたときに一時金として支払われる「診断給付金」や、がん治療のために入院した場合に支払われる「入院給付金」がメイン。
自身や家庭の経済状況、またライフプランなどによって、がん保険に求める安心は人それぞれ。自分は何が心配で、何を保障でカバーしたいのかを整理して、保険のタイプを選ぶとよいでしょう。
将来の病気のリスクに対し、どうやってバックアップのための仕組みを作っていくのか、そのツールのひとつが保険だと考えてください。

記事はこちら→
「女性が知っておきたい「がん保険」のこと」

独身女性に保険は必要なんですか? – FPに聞いてみた (マイナビニュース)

「独身女性に保険は必要なんですか? – FPに聞いてみた」がマイナビニュースにて掲載されました。シングルのうちは保険は不要? についてお答えしています。
→こちら独身女性に保険は必要なんですか? – FPに聞いてみた

『小林麻央さんのがんに考える、がん保険の意味』シェアーズカフェオンライン|記事執筆

先日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが、進行性の乳がんを患っていることがわかりました。記者会見では彼女の病状についての質問が相次ぎ、日本人の「がん」への関心の高さをうかがわせました。近年では生稲晃子さん、北斗晶さんも乳がんにかかるなど、芸能人のがんがメディアで大きく取り上げられるにつけ、がんは他人事ではないと感じる人も多いのではないでしょうか。
ファイナンシャルプランナーとして相談を受けているときも、会社の同僚や親戚ががんになったことをきっかけにがんを心配し始める人に出会います。特に女性では、小林麻央さんのように比較的若年のうちに女性特有のがんが発症する人もいることから、20~30代でもがん保険にしっかり入りたいという人もいます。
しかし、統計データを見ると、実は世間で騒がれるイメージほど、女性特有のがんのリスクは高くありません。そこで、女性のがんのリスクとがん保険の意味を考えてみたいと思います。

http://sharescafe.net/48865833-20160617.html

専門知識を生かした記事を提供するウェブメディアシェアーズカフェオンライン2016年06月17日にて、がんとがん保険の解説記事を更新しました。女性のがんのリスクとがん保険の意味について解説しています。

記事の内容

先日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが、進行性の乳がんを患っていることがわかりました。記者会見では彼女の病状についての質問が相次ぎ、日本人の「がん」への関心の高さをうかがわせました。

近年では生稲晃子さん、北斗晶さんも乳がんにかかるなど、芸能人のがんがメディアで大きく取り上げられるにつけ、がんは他人事ではないと感じる人も多いのではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナーとして相談を受けているときも、会社の同僚や親戚ががんになったことをきっかけにがんを心配し始める人に出会います。特に女性では、小林麻央さんのように比較的若年のうちに女性特有のがんが発症する人もいることから、20~30代でもがん保険にしっかり入りたいという人もいます。

しかし、統計データを見ると、実は世間で騒がれるイメージほど、女性特有のがんのリスクは高くありません。そこで、女性のがんのリスクとがん保険の意味を考えてみたいと思います。

30代でがんにかかる確率は1%

(さらに…)

シングル女性が家を買うのはいいの? ダメなの?(日経ウーマンオンライン)

日経ウーマンオンラインの連載「FPが教える「マネーと自分を見直す方法」 」の第4回が掲載されました。今回は「シングル女性が家を買うのはいいの? ダメなの?」。キャリアがあり、収入も比較的余裕がある独身女性が家を買うメリットや注意点についてお話しています。詳細はこちら→「シングル女性が家を買うのはいいの? ダメなの?」

女性管理職は結局増えない? 登用の数値目標が見送りへ

先日、厚生労働省が、企業に女性の登用について数値目標の設定を義務づけることをお伝えしましたが、(「6年後、東京オリンピックの頃には女性管理職は当たり前になっているかも 女性の登用が法律で義務づけられます」)法案の提出が見送られることになりました。数値目標を公表は義務づけず、女性登用の方針や取り組みなどを示すにとどまります。 (さらに…)

6年後、東京オリンピックの頃には女性管理職は当たり前になっているかも 女性の登用が法律で義務づけられます

女性の管理職が、これからいよいよ増えていきそうです。厚生労働省は、企業に女性の登用に向けた計画を開示するよう、法律で義務付けることになりました。今秋の臨時国会に提出する女性登用を促す法案に盛り込む予定です。 (さらに…)

びっくり!100歳まで生きる確率は女性が男性より7倍も高い

日本は世界トップの長寿国です。2012年現在、日本人の平均寿命は男性が80歳、女性は87歳です。80年、90年の人生の長さは、若いときにはまだまだ想像がつかないものですが、日本にはそれを上回るご長寿がたくさんいらっしゃいます。

100歳以上の人。厚生労働省の調査によると、この数が今年、過去最多になることがわかりました。 (さらに…)

日本の高学歴女性の3割は無職!先進国で最低レベルであることが判明

日本人女性は、高学歴なのに仕事をしていない人が多いことがわかりました。OECD(経済協力開発機構)が教育に関する調査を行ったところ、日本の大卒以上の女性の就業率は、OECD加盟34カ国中最低レベルでした。 (さらに…)