税金」タグアーカイブ

2024年1月より相続税・贈与税が改正 生前贈与加算対象期間が7年以内に

写真:PhotoAC

2024年1月から、相続税・贈与税に関する法律の一部が改正されました。この改正により、生前贈与の加算対象期間見直しと、相続時精算課税選択時の基礎控除新設が行われました。

(さらに…)

老後資金が貯まらない「年収1000万円世帯」が注目すべき「iDeCo」。特徴的な「節税メリット」(毎日が発見ネットで記事掲載)

世帯年収1000万円は、いわゆる「勝ち組」? いえいえ、決してそんなことはありません。不動産は高騰し、増税により実質賃金は目減り。旅行にも行けず、たまの外食は激安チェーン店と、ギリギリの生活を強いられているのです。

そんなイマドキの1000万円世帯を、ファイナンシャルプランナーの加藤梨里氏が徹底分析! 令和の中流上位層を描く1冊『世帯年収1000万円 「勝ち組」家庭の残酷な真実』 より、「老後資金」がテーマの2エピソードをお届けします。

https://mainichigahakken.net/life/article/txt-setainenshu-post-8637.php

毎日が発見ネットにて、記事が掲載されました。「世帯年収1000万円―「勝ち組」家庭の残酷な真実―」より一部抜粋、再構成されたものです。

記事はこちら
老後資金が貯まらない「年収1000万円世帯」が注目すべき「iDeCo」。特徴的な「節税メリット」

【給与明細の見方】給与から引かれるお金とは?控除の内容をFPがわかりやすく解説(保険比較ライフィで記事執筆)

給料を受け取ったときには、勤務先から給与明細を受け取ります。給与明細には会社から支給された給与額や交通費、手当のほか、天引きされる税金・社会保険料などの内訳が記載されています。

この記事では、給与から引かれる「控除」欄の見方をわかりやすく解説します。

https://lify.jp/column/money/article-3672/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。給与から控除される社会保険料と税金について解説しています。

記事はこちら
【給与明細の見方】給与から引かれるお金とは?控除の内容をFPがわかりやすく解説

10月からインボイス制度が開始 消費税の課税事業者はインボイス(適格請求書)を発行

写真:PhotoAC

2023年10月、インボイス制度が開始しました。消費税納付の義務がある課税事業者のうち、インボイス発行事業者として登録をした事業者は今後、取引先への請求時にインボイス(適格請求書)を発行することになります。

インボイスには登録番号・適用税率・消費税額等の記載が必要

インボイスとは消費税の制度で、売手側の事業者が買手側の事業者に、適用税率や消費税額等を正確に伝えるため発行するものです。

インボイス発行事業者として認められた売手は買手に求められた場合、「登録番号」・「適用税率」・「適用税率ごとの消費税額等」の3つが記載された請求書(インボイス)を発行しなくてはいけません。

インボイスを発行するのは消費税の課税事業者のみです。売上高が1000万円以下で消費税の納税義務がないなどの免税事業者は、インボイス発行事業者にはなりません。

消費者側は基本的にインボイス制度への対応は不要

インボイスの発行や受取には、売手・買手それぞれに準備が必要です。

売手側は、e-Taxなどから税務署長へ登録申請を行い、インボイス発行事業者となる手続きが必要です。審査により登録が認められたら、買手側である取引先へインボイス登録番号を通知します。また、取引が発生した際にはインボイス登録番号などが記載された請求書を発行します。

制度開始時に免税の事業者がインボイスを発行するには、課税事業者への切り替えも必要です。インボイス制度を理由に切り替えをした場合には、2026年9月まで納税額が売上税額の2割に軽減される特例措置を受けられます。

買手側の事業者は、売り手から受け取ったインボイスを保存しておくことで、税の負担が軽減される「仕入税額控除」を受けられるようになります。

なお、対応が必要なのは事業者のみで、消費者側でのインボイス制度に関する対応は不要です。

<出典URL>
国税庁「インボイス制度の概要」
財務省「インボイス制度、支援措置があるって本当!?」
政府広報オンライン「令和5年10月からインボイス制度が開始! 事業者間でやり取りされる「消費税」が記載された請求書等の制度です」

(文:年永亜美/WEBサイトTwitter

2023年10月より酒税率が改正 新ジャンル・果実酒は値上げ、ビール・清酒は値下げへ

写真:PhotoAC

10月から酒税率が改正されます。新ジャンルや果実酒の税率が上がり、ビールや清酒の税率が下がります。改正に合わせてビール各社では生産者価格の変更を予定しています。

(さらに…)

エコカー減税が3年延長 2024年からは対象基準が段階的に引き上げへ(保険比較ライフィで記事執筆)

燃費性能などに優れた自動車の自動車重量税を軽減する「エコカー減税」の特例措置が、税制改正により3年間延長することになりました。
改正前は今年4月末までとされていましたが、2026年4月30日まで延長されます。

エコカー減税の概要と合わせて、FPが解説します。

https://lify.jp/column/insurance-news/about-66955/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。エコカー減税の特例措置について解説しています。

記事はこちら
エコカー減税が3年延長 2024年からは対象基準が段階的に引き上げへ

年末期限迫る「ふるさと納税」最大メリット活用術(東洋経済オンラインで記事執筆)

今年も「ふるさと納税」の寄付期限が迫ってきました。ふるさと納税の最も大きなメリットが、税の軽減です。全国の中から自分で選んだ地域に寄付をした金額のうち、自己負担とされている2000円を超える部分のほぼ全額が、所得税や住民税の税額から差し引かれるのです(しくみは下図)。

https://toyokeizai.net/articles/-/628885

※図は記事内に掲載

東洋経済オンラインにて、記事が掲載されました。ふるさと納税のしくみとメリットについて解説しています。

記事はこちら
年末期限迫る「ふるさと納税」最大メリット活用術

令和3年分の確定申告e-Taxの変更点 マイナンバーと連携して自動入力が可能に

オンラインから確定申告を行える、e-Tax。令和3年分から、マイナンバーカードとスマートフォンを活用した自動入力の範囲拡大など、利便性が向上します。具体的にどのような情報が自動入力されるようになるのか、その概要を解説します。

写真:PhotoAC
(さらに…)

【加藤梨里のお金と健康】今月からたばこ値上げ~たばこ税は毎年増税(ライフラプラスONLINEで記事執筆)

ニュースサイト「ライフラプラスONLINE」にて、記事が掲載されました。たばこに関連した各種の税金について解説しています。

記事はこちら
【加藤梨里のお金と健康】今月からたばこ値上げ~たばこ税は毎年増税

【加藤梨里のお金と健康】年間1万2000円超の医薬品購入で利用できる~医療費控除の特例とは?(ライフラプラスONLINEで記事執筆)

ニュースサイト「ライフラプラスONLINE」にて、記事が掲載されました。医療費控除のしくみとセルフメディケーション税制について解説しています。

記事はこちら
【加藤梨里のお金と健康】年間1万2000円超の医薬品購入で利用できる~医療費控除の特例とは?

お受験費用もOK!教育資金贈与の非課税特例をFPが解説(SAKISIRUで記事執筆)

ニュースサイト「SAKISIRU」にて、記事が掲載されました。教育資金の贈与税が非課税になる特例制度について解説しています。

記事はこちら
お受験費用もOK!教育資金贈与の非課税特例をFPが解説

投資用不動産の購入時にかかる税金と計算方法を徹底解説!(Myアセット様「不動産投資の副読本」で記事監修)

Myアセット様ビジネスサイト「不動産投資の副読本」 記事監修をいたしました。不動産を購入するときにかかる3つの税金について解説しています。

記事はこちら
投資用不動産の購入時にかかる税金と計算方法を徹底解説!

保険で税が軽減される「生命保険料控除」が拡大へ?業界団体が税制改正へ要望(保険比較ライフィで記事執筆)

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。2021年度の税制改正に向けた生命保険料控除拡大要望について解説しています。

記事はこちら
保険で税が軽減される「生命保険料控除」が拡大へ?業界団体が税制改正へ要望

扶養に入るか外れるか?年金・税金と収入のしくみをFPが解説(保険チャンネルで記事執筆)

リクルートのサイト「保険チャンネル」にて、記事が掲載されました。扶養のしくみや税がかからない年収について解説しています。

記事はこちら
扶養に入るか外れるか?年金・税金と収入のしくみをFPが解説

医薬品購入で税金が安くなる「セルフメディケーション税制」って?(キャッシングフィールドで記事執筆)

キャッシングフィールドの連載「FPリリ先生のハッピーマネー相談室」にて、新着記事が公開されました。今年から始まったセルフメディケーション税制について解説しています。
(さらに…)