年金」タグアーカイブ

「生活設計と年金に関する世論調査」公表 老後の生活は公的年金と個人年金などでまかなう人が53%に

写真:PhotoAC

2024年3月15日、内閣府は「生活設計と年金に関する世論調査」の結果を公表しました。この調査では、就労についての希望や公的年金制度への認識について、全国の18歳以上を対象として調査しています。

(さらに…)

【早見表付】遺族年金はいくらもらえる?受給金額の目安をFPが解説(保険比較ライフィで記事執筆)

家計を支えている人が亡くなったときに、遺族に支給される公的年金が「遺族年金」です。

生命保険を検討する際には、まずは遺族年金を基本に、自分で備える保障額を考えます。遺族年金の金額は、加入していた年金制度の種類や家族の状況などによって決まります。

そこで、遺族年金の受給金額の目安について、FPが解説します。

https://lify.jp/insurance/public/pension-public/article-2185/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。遺族基礎年金と遺族厚生年金の受取額について解説しています。

記事はこちら
【早見表付】遺族年金はいくらもらえる?受給金額の目安をFPが解説

個人の金融資産が過去最高を更新 保険の構成比は約18%(保険比較ライフィで記事執筆)

個人が保有する預金や株式などの金融資産額が、2023年末に過去最高を更新したことが日本銀行の調査でわかりました。

株価上昇により株式や投資信託の残高が増加したことが主な要因です。

一方で、保険の全体に占める構成比は約18%でした。

https://lify.jp/column/insurance-news/article-74090/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。個人の金融資産額に関する日本銀行の調査について解説しています。

記事はこちら
個人の金融資産が過去最高を更新 保険の構成比は約18%

医療費や国民年金の情報を自動入力可能に 確定申告のマイナポータル連携が2023年1月から拡充(保険比較ライフィで記事執筆)

マイナンバーによってひも付けた医療費や年金保険料などのデータを、確定申告書に自動入力できる「マイナポータル連携」の機能が、2023年1月から拡充されます。

これまでも生命保険や地震保険、住宅ローンなどの税控除で利用できましたが、来春からは国民年金保険料や公的年金も対象になります。

また、医療費の情報も取得可能な範囲が広がる予定です。

https://lify.jp/column/insurance-news/about-63763/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。2023年1月からのマイナンバーカード機能拡大について解説しています。

記事はこちら
医療費や国民年金の情報を自動入力可能に 確定申告のマイナポータル連携が2023年1月から拡充

2025年の年金改革に向け審議が開始 国民年金保険料は65歳まで納付も検討(保険比較ライフィで記事執筆)

5年ごとに見直される公的年金制度について、今年10月から次の改正に向けた審議が開始されました。

見直しは少子高齢化や経済状況の変化に対応した制度維持のために行われるもので、今回は国民年金保険料の納付期間の延長や年金の受給開始時期の拡大、高齢期に働きながら年金を受け取るときの「在職老齢年金」の見直しなどが検討される見込みです。

https://lify.jp/column/insurance-news/about-63777/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。公的年金の見直し内容について解説しています。

記事はこちら
2025年の年金改革に向け審議が開始 国民年金保険料は65歳まで納付も検討

【2022年9月】 3分でわかる今月のマネートピック

写真:PhotoAC

目次

(さらに…)

[安心の設計 知っ得ライフ]年金編<4>厚生年金の適用範囲拡大(読売新聞2022年9月27日朝刊で取材協力)

読売新聞『安心の設計 知っ得ライフ』にて、取材協力をいたしました。厚生年金の適用範囲拡大についてコメントしています。

記事はこちら
[安心の設計 知っ得ライフ]年金編<4>厚生年金の適用範囲拡大

老後の生活費は年金だけでは足りない?長生きリスクに備える生命保険をFPが解説(保険比較ライフィで記事執筆)

長寿化が進み、人生100年時代といわれるいま、老後のお金を計画的に準備しておくことが大切です。
公的年金だけでは老後の生活費には足りない事態に備えるには、お金を貯蓄するほか、自分で任意に加入できる個人年金保険や確定拠出年金などで、年金の上乗せを用意する方法があります。

ここではそのうち、生命保険の活用方法を解説します。

https://lify.jp/life/life-select/event/article-2798/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事を更新しました。老後に必要な資金とその準備方法について解説しています。

記事はこちら
老後の生活費は年金だけでは足りない?長生きリスクに備える生命保険をFPが解説

2022年6月支給分から 公的年金の年金額が引き下げへ(保険比較ライフィで記事執筆)

老後の生活を支える老齢年金の年金額が、2022年4月から引き下げられました。
昨年度までの物価や賃金の変動率がマイナスだったことに伴う改定で、年金額は前年度比0.4%少なくなります。
公的年金の支給の変更について、FPが解説します。

https://lify.jp/column/insurance-news/article-59194/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。公的年金額の改定について解説しています。

記事はこちら
2022年6月支給分から 公的年金の年金額が引き下げへ

【2022年5月】 3分でわかる今月のマネートピック

写真:PhotoAC

目次

(さらに…)

【2022年4月】 3分でわかる今月のマネートピック

写真:PhotoAC

目次

(さらに…)

【早見表付】遺族年金はいくらもらえる?受給金額の目安をFPが解説(保険比較ライフィで記事執筆)

家計を支えている人が亡くなったときに、遺族に支給される公的年金が「遺族年金」です。

生命保険を検討する際には、まずは遺族年金を基本に、自分で備える保障額を考えます。遺族年金の金額は、加入していた年金制度の種類や家族の状況などによって決まります。

そこで、遺族年金の受給金額の目安について、FPが解説します。

https://lify.jp/public/pension-public/article-2185/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。遺族年金で受給条件や金額について解説しています。

記事はこちら
【早見表付】遺族年金はいくらもらえる?受給金額の目安をFPが解説

定年前備えておくべきお金の鉄則18 (週刊女性自身2021年3月9日号(光文社)で記事監修)

光文社「週刊女性自身3月9日号」掲載の記事「定年前備えておくべきお金の鉄則18」を弊社加藤が監修しました。

扶養に入って働く場合の収入や年金への影響について解説しています。

雑誌情報は下記からご覧いただけます。
「週間女性自身3月9日号」