社会保険」タグアーカイブ

【給与明細の見方】給与から引かれるお金とは?控除の内容をFPがわかりやすく解説(保険比較ライフィで記事執筆)

給料を受け取ったときには、勤務先から給与明細を受け取ります。給与明細には会社から支給された給与額や交通費、手当のほか、天引きされる税金・社会保険料などの内訳が記載されています。

この記事では、給与から引かれる「控除」欄の見方をわかりやすく解説します。

https://lify.jp/column/money/article-3672/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。給与から控除される社会保険料と税金について解説しています。

記事はこちら
【給与明細の見方】給与から引かれるお金とは?控除の内容をFPがわかりやすく解説

10月開始の「年収の壁」支援、受けられる人の条件(東洋経済オンラインで記事執筆)

政府の「年収の壁」対策として、10月からパートやアルバイトなどで働く人が社会保険に加入することで生じる手取り減などのデメリットが軽減される制度が始まりました。
社会保険加入の対象となる収入額を上回らないよう就業調整をする人には、例年は年末近くになるとシフトや残業が増えないように注意するケースが少なくありません。支援策が開始された今年は、年末まで年収を気にせず働けるのでしょうか?

https://toyokeizai.net/articles/-/717318

東洋経済オンラインにて、記事が掲載されました。106万円・130万円の「年収の壁」とその支援策について解説しています。

記事はこちら
10月開始の「年収の壁」支援、受けられる人の条件

10月から106万円・130万円の「年収の壁」対策が開始 一時的な収入増加は扶養認定に影響せず

写真:PhotoAC

2023年10月より、社会保険加入と扶養認定に関連するいわゆる「年収の壁」に対する支援が開始しました。「年収の壁」に対する支援は、社会保険加入に関する「106万円の壁」対策と、扶養認定に関する「130万円の壁」対策の2種類があります。

106万円の壁には社会保険加入者が社会保険料の負担により手取り収入が減ることへの補助策、130万円の壁には扶養認定の条件見直しが行われます。

(さらに…)

令和5年度の介護保険料 現役世代の1人あたり保険料月額は6,216円で過去最高に

写真:PhotoAC

2月27日、厚生労働省は令和5年度の介護保険料見込み額を公表しました。今回の改定により、4月以降の40歳~64歳の現役世代1人あたりの保険料月額が過去最高額となる見込みです。

(さらに…)

2022年10月からパートタイマーなどへの社会保険の適用が拡大 101人以上の企業で年収106万円相当以上が対象に(保険比較ライフィで記事執筆)

2022年10月から、パートやアルバイトなどの非正規雇用で働く人の社会保険適用範囲が拡大されました。

所定の対象になるとパートやアルバイトの勤務先で健康保険や厚生年金に加入することになり、給与から自己負担分の社会保険料が天引きされることになります。

https://lify.jp/column/insurance-news/about-63218/

ネット完結の保険代理店サイト「lify.jp」にて、解説記事が掲載されました。非正規雇用の人を対象とする社会保険の適用拡大について解説しています。

記事はこちら
2022年10月からパートタイマーなどへの社会保険の適用が拡大 101人以上の企業で年収106万円相当以上が対象に

【2022年10月】 3分でわかる今月のマネートピック

写真:PhotoAC

目次

(さらに…)

130万円の壁ってなに? 社会保険の扶養のしくみを、CFPファイナンシャルプランナーがわかりやすく解説

「103万円の壁」とともによく聞くのが「130万円の壁」です。扶養に入っている人は、年収を103万円までにするか、130万円までにするか迷うのではないでしょうか。

そこで、「年収130万円の壁」のしくみを解説します。

年収103万円の壁についてはこちらをご参照ください。

103万円の壁ってなに? 税金の扶養のしくみをわかりやすく解説


(さらに…)

103万円の壁ってなに? 税金の扶養のしくみを、CFPファイナンシャルプランナーがわかりやすく解説

ご主人の扶養に入って働いている方は、年収いくらまで働いてもよいのか、どれくらいシフトを入れてよいのかを気にしているでしょう。ですが「扶養」といったとき、そのしくみは意外と複雑です。

そこで、「扶養」のしくみを解説します。 (さらに…)

パートの社会保険、新しく発生した「106万円の壁」をめぐる3つの誤解(シェアーズカフェオンライン)

今月からパートタイム労働者の社会保険の適用枠が拡大されました。労働時間や収入など次の5つの要件すべてに該当すると、パートであっても勤務先で健康保険と厚生年金(あわせて社会保険)に加入することになります。 (さらに…)

「106万円の壁」が映すパート主婦世帯の難問(東洋経済オンライン)

東洋経済オンラインにて、記事「「106万円の壁」が映すパート主婦世帯の難問」が掲載されました。10月から始まった「106万円の壁」は、実は今年だけの問題ではありません。長期的な問題としてどのような課題があるかを解説しています。  (さらに…)

パートでも厚生年金に加入できるようになる! 2016年から制度が変わります

中小企業の社員・パート社員でも、厚生年金に加入しやすくなるかもしれません。厚生労働省は、2015年の通常国会に厚生年金保険法の改正案を出す予定であることがわかりました。 (さらに…)